« 武田先生のブログ「東京を逃げ出すべき?」アップされています。 | トップページ | 武田先生のブログ「原発 緊急情報(8) 放射線はどこまで行くか?」 »

2011/03/15

武田先生のブログ更新されています。「緊急情報(6)」

==転載開始==

http://takedanet.com/2011/03/post_7f3d.html

原発 緊急情報(6)

放射線は目に見えない.でも火山の噴火では煙は見える。だから、福島原発からの放射線物質がどのように動くかを考える時に大変参考になる.

幸い、最近、噴火した鹿児島の新燃岳の噴火と灰の衛星写真があるので、まずはそれを参考にしたい。

この写真の左側で白い煙が出ているところが新燃岳でり、下に鹿児島湾、写真の中心が宮崎の海岸と日向灘だ。

噴火の煙は「四方八方」に行くのではなく、風に流されて一方向に進む.このことが放射線でも重要だ。放射線物質はこの煙と同じように動く.

気象予報にコンピュータが使えるようになって久しい。下の図は新燃岳からの噴煙がどのように流れるかを計算したものである。

現実の状態より少し拡がっているが、それでもだいたいの傾向が分かる.新燃岳の噴煙の流れも大切だが、今回の福島原発からの放射線物質の行方とどこに居る人たちがどのぐらい被爆するかを知ることはさらに重要だ.

一刻も早く計算結果を出してもらいたい.

また、それまではこの新燃岳の噴煙の写真を参考にして、家族の居場所を決めたら良いと思う.

(平成23年3月15日 執筆)

==以上です==

|

« 武田先生のブログ「東京を逃げ出すべき?」アップされています。 | トップページ | 武田先生のブログ「原発 緊急情報(8) 放射線はどこまで行くか?」 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田先生のブログ更新されています。「緊急情報(6)」:

« 武田先生のブログ「東京を逃げ出すべき?」アップされています。 | トップページ | 武田先生のブログ「原発 緊急情報(8) 放射線はどこまで行くか?」 »