« 2011年度フェリベトゥンラ企画スタートいたしました! | トップページ | 児玉清さん病床から日本を憂い“遺稿”(文藝春秋 から全文) »

2011/05/20

「首相はSPEEDIを自分のために使い、住民のためには使わなかったのではないか」by川内博史議員

ほらほら、ウソがだんだんバレてくる、、、、(笑)

【菅首相視察前、官邸に予測図=放射性物質の流れ確認?】

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011051901007 (時事ドットコム)

 東京電力福島第1原発事故の発生直後の3月12日未明、放射性物質が原発の海側に向かうことを示す「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)の予測図が首相官邸に届けられていたことが19日、分かった。民主党の川内博史衆院科学技術特別委員長や政府関係者が明らかにした。

 川内氏らによると、予測図は3月12日午前1時12分、経済産業省原子力安全・保安院からファクスで送信された。第1原発1号機で格納容器の蒸気を外部に放出する「ベント」を行った場合、同3時から同6時までの間、放射性物質が全て海に向かうことを示す内容だった。

 3月12日朝に首相は第1原発を視察。SPEEDIの予測図は住民には長く公表されなかったものの、首相の視察前に放射性物質の流れを知るため利用されたのではないかとの疑念の声もある。川内氏は「首相はSPEEDIを自分のために使い、住民のためには使わなかったのではないか」と話している。(2011/05/19-22:16)

川内博史議員、ガンバ!!!

人気blogランキングへ

|

« 2011年度フェリベトゥンラ企画スタートいたしました! | トップページ | 児玉清さん病床から日本を憂い“遺稿”(文藝春秋 から全文) »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「首相はSPEEDIを自分のために使い、住民のためには使わなかったのではないか」by川内博史議員:

« 2011年度フェリベトゥンラ企画スタートいたしました! | トップページ | 児玉清さん病床から日本を憂い“遺稿”(文藝春秋 から全文) »