« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/30

クラブメッド・カビラに3泊4日(2011/6/20-23)のスナップ写真24枚。

2011年6月20日13:40羽田発→石垣島行き、約3時間の空の旅。

一番後ろの席だったので、ガラガラ、3席独り占め、足を伸ばしてゆったり。

1

石垣空港から、クラブメッドまではバスで40分。大型バスに、お客は4名。311震災の影響か?観光客が減少している、、、とのこと。

2

夕方6時近いけど、まだまだ日差しが強い!!

3

うちの娘(笑)。

4

2011年6月21日朝10時、BMW(?笑)で石垣港まで。

5

石垣港待合室。

6

竹富島へは、30分に1本高速船が出ています。

7

竹富島まで15分。

8 

「水牛で竹富島巡り」一人1200円。http://suigyu.net/rentalcycle.html

9

牛も暑くて、かわいそうだった。

10

a

11

お昼ごはんは、お食事処「かにふ」http://www11.ocn.ne.jp/~kanihu/

12

石垣牛のハンバーグ定食。

23

石垣牛のハンバーグ定食(1200円か1300円くらいだった?)、、、、以外においしかったよ。

13

竹富島の海は、きれいでしたーーーーー!

15

でも海岸には日陰がないので暑くて、、、早々に引き上げました。

島で一番高いところに上って、、、、

16

レンタル自転車で、島巡りは、300円/1時間。

17

竹富島から帰ってきて、夜はクラブメッドのテニスコートでテニス(何日か前のYOUTUBE動画を参照)。一日中めいっぱい遊びました!!!

次の日は、

2011年6月23日。

午前中は、プールサイドで一日まったり、午後は、部屋で昼寝。

幸せーー!!!

そして夜、食事をして、テニスをすこしして、、、その後、東京から長期休暇(うらやましい、、、、)の御夫婦と楽しく夜遅くまで語らい、飲み、笑い、楽しい時間を過ごしました。

18

2011年6月23日帰る日。

とはいっても夕方6時石垣発の羽田行きなので時間は充分にある。

シュノーケリング・トリップへ↓

19

a

20   

ブティックで、お買い物。

21

ブティックGOのTOMOさんです。

22

この日の最高気温は、35度はあった、、、と。

24

レストランからも海が。

ピックアップ(石垣空港まで)のバスを待つ間、レセプションの前でインターネットを。通信スピードはかなり遅いです。携帯電話もAU以外はつながりにくいです。DOCOMOは、ほとんど繋がりません。

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

「節電」は本当に必要なのか?(1)電気代はなぜ高い?by 武田先生

久々に武田先生のブログ転載です。

最近ではテレビなどでお顔を拝見する事が増えました、、、、ね(笑)。

今日のテーマは、

「節電」は本当に必要なのか?

です。

武田先生いわく、「どうもうさんくさい、、、、」と。

同感です!!!

さて、私、時々チェックしています。

<福島第一原子力発電所1号機~4号機の映像をリアルタイムで配信しています>

ふくいちライブカメラ↓今日の福島第一原発付近は曇りです。

http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html

==転載開始==

【「節電」は本当に必要なのか?(1)  電気代はなぜ高い?】

この夏は電気が足りないと言う。

でも、どうもうさんくさい.一説では

「原発を再開したいから、電気が足りないと脅しているだけだ。寝苦しい夜を過ごさせて原発賛成にするためのあくどい宣伝だ」

とも言われる.

東京電力は日本の代表的な企業だから、本当はこんなことを言われるようなダメ企業では困るのだが、なにしろ

「東電はウソを言う企業だ」

というのは、原発事故以来、常識になっているので仕方が無い。

そして、福島原発事故の直後、東京電力が「計画停電」というのをやり、大きな影響がでた。

電気機器をつかって患者さんの命を守っている病院や、1度とめたら製品がダメになってしまう工場などはビリビリしていたものだ。

・・・・・・

明らかにおかしい.

東京電力がもっている発電の能力は、6300万キロワット。

これに対して計画停電が実施された3月14日の電力消費量は、たった2800万キロワットだった???

それで「足りない」??? ???

・・・・・・

何かを製造する「製造業」では、設備をどのぐらい使うかという「稼働率」は、収益の死命を制するほど大切なもので、多くの会社は設備稼働率が80%にでもなると、経営はピンチになる.

ところが、

「原発事故で電気が足りなくなるので、計画停電をする。国民は協力しろ」

と東電が言った日の設備稼働率は、実に44%!!

さすが東電だ。これまで、営業成績が悪くなると、電気料金を上げれば良いという気楽な商売をしてきた。事実、日本の電気料金はほぼ世界一、アメリカの3倍とされる.

それでもお客さんから文句は来ない。もし文句を言えば「じゃ、電気を売らない」と言えば、それで良い。「やらせ番組を放送しているから、受信料を払わない」と言う視聴者を不払いで裁判に訴えるというNHKと同じ体質だ。

・・・・・・

稼働率が低い理由は、真夏の昼間に多くの人が「エアコン」を使う.かつてはこれに「高校野球」が加わってテレビを見るので、さらに電気が必要になる.

だから、半分しか使わない春の稼働率が44%になるのは仕方が無いというのが「東電の言い分」である。

もちろん、東電の言い分がウソだ。ウソをつく人というのは、

「原子炉が壊れているか?」

ということだけウソをつくのではない.

「原発事故が起こったから、電気が足りない」

というのも、

「日本は質の良い電気を供給しているから、電気代が高くなる」

というのも、全部、ウソなのである。

電気の蓄積方式(集中蓄積、分散蓄積)、発電方式(設備費と燃料費の関係)、電気機器会社とタイアップした電気の平準化システムなど、設備の稼働率を上げるためには、やることは山ほどあるけれど、このような「面倒な事」より

「たっぷりと発電所を作って、時々、動かしたらよい」

という方が楽だ。

・・・・・・

稼働率が下がり、経費が嵩むようになれば、電気代を上げればよい。簡単で誰にも文句を言われない。

それに対して、電気が足りなくなると、文句を言われる.

だから、発電所をたっぷり作って悠々と生活した方が良いと思うのはお公家さんの東電の経営者としては当然だからである.

電気会社のシステムが悪い。個別に「これもすればよい、あれもすればよい」と言っても、巧みに言い訳されて終わりだ。

こんなことは個別にいくら言っても、ケンカになるだけで電気代が安くなることはない。

でも、もし東電に競争相手が居たら、設備の稼働率はたちまち80%になり、電気代は半分になるだろう。

その点では技術も大切だが、安全を守り、電気代を安くするには、「電気を供給する社会的なシステムに競争原理を入れる」ことも重要であることが判る。

(平成23年6月29日 午前10時 武田邦彦執筆)

http://takedanet.com/2011/06/post_7073.htm

==以上==l

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2011/06/24

クラブメッド・カビラ(石垣島)に行ってきた(6月20日~23日)。

クラブメッド・カビラ(石垣島)に行ってきた(6月20日~23日)。

20116231

連日、35度の気温。昼間は暑くてテニスが出来ません。

なので、夜やります!

http://youtu.be/1Cj2Wxz9dE4

http://youtu.be/_YJw-yoPlv4

ここのテニスコートは、24時間対応です(笑、、、ほんとです)。

来週から、テニスGOレオが、やってきます。

昼間は、暑くて死にそうですが、昼間テニスを希望の方は、レオ(バリ島出身)が、レッスンしてくれると思います、、、、けど、私はおススメしません。死んじゃうよ(笑)。

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2011/06/15

フェリベトゥンラネパール企画の活動報告(6月15日水13:00-15:00)

第2回ミーティングは、5名の参加で楽しい時間を過ごしました!

Img_1456

日時:2011年6月15日(水)13:00-15:00
場所:JR立川駅北口ルミネ6F ”ラ・メゾン アンソレイユターブル” 
参加費:無料。ただしお茶代・交通費は各自負担。
参加者: Michiko-san、Nakano-san、Tomoe-chan、Mohan、私の5名。

Img_1457

今日のおしゃべりのテーマは、、、、

モハンと一緒に英語でしゃべろう(60分)

問1:What do you think about Nuclear plant?
原発(事故・将来のことなど)について、どんなふうに考えていますか?

答:「もう要らない」とか、「放射能の事が心配」とか、とか、、、、、

<単語>
原子力発電所:Nuclear plant
放射能:radiation
汚染:contamination 汚染する:contaminate
災害:disaster

問2:How do you save electric power this summer?
・この夏の節電、いい方法はある?
・計画停電を英語で説明せよ!

<単語>停電:blackout 計画停電:rolling blackout

問3:Have you been to Mt.Fuji in summer season?
夏の富士山に登ったことがありますか?

Img_1458

以下の宿題を来月のミーティングまでにやってくる。

宿題のテーマは、<ドラッカーのマネジメント>について、本を読んだり映画を見たり、インターネットで調べたりして、次回のミーティングでみんなでおしゃべりをしよう。

ちなみに、私は本は難しそうなんで、映画を見る予定です(笑)。
http://www.moshidora-movie.jp/index.html

| | コメント (2)

自然放射線の中で、栄養のバランスを考え適度に休養をとり感謝の気持ちを持って毎日を楽しく過ごす。by 武田先生

あれから、3ヶ月。

毎日、まだまだ、いろいろな事が心配だけれど、生きて、生活していかなければならないので、とりあえず、原発から200kmの東京にいる私は、毎日を楽しく過ごすことにします。

そして、流通しているものは、信じて、購入し食べる事にします(我が家は老人所帯なので)。

怪しい食品は今までだって、あったわけで、疑いだしたらきりがないでしょ。中国産かもしれない国産うなぎとか、北朝鮮で取れたかもしれない国産アサリ、、、、最近では、焼肉ユッケ事件、とかとか、数え切れない。

さて、

武田先生のブログです。

==転載開始==

【自然放射線と被曝】

140億年前、私たちが今、住んでいる宇宙がビッグバンで出来たとき以来、この世の「物質」は核反応(核爆発)で作られてきた。

核爆発はすさまじいので、落ち着いた元素だけではなく、不安定な元素も作るので、それが放射線を出す。だから、宇宙は放射線で溢れている.

だから、私たち地球上に住んでいる人間も動物も植物も、自然からの放射線を受ける。

それが日本では1年に1.4ミリシーベルト、世界の平均では2.4ミリシーベルトである。

・・・・・・

地球が誕生して以来、生物は「危険」と戦ってきたが、紫外線や放射線といった「電磁波=光」と戦いも厳しかった。なにしろ太陽も原子炉だから、そこから強い紫外線が地表に達する.

古い生物はこの紫外線と戦い、敗れ、海の底や地中に住んでいたが、偶然にも生物の呼吸でできた酸素が成層圏でオゾン層を作り、それが紫外線を防いでくれたので、生物も地表に出ることができた。

それでも、紫外線は厳しく、赤道に住む人は肌が黒くなって皮膚ガンを防ぐ.地域によって紫外線も違うので、黒人、黄色人種、そして白人ができた。

・・・・・・

放射線は紫外線よりエネルギーが高いので、なかなか防御が難しい。紫外線は皮膚で止まるので、皮膚だけを防御すれば良いけれど、放射線は体を貫くので、どうしても体全体を防御しなければならないからだ。

DNA(遺伝子)が傷つくと、それを複雑な酵素などで直していく.しかし、修復するための酵素を作るのにも「原料」がいる。だから

「栄養のバランスをとらなければならない」ということになる。

休養も必要だ。睡眠時間も7時間はとりたい。

・・・・・・

自然放射線の1.4ミリシーベルトは、その3分の2が「内部被曝」、3分の1が外部からの放射線だ。

だから、1.4を3で割ると約0.47ミリシーベルト。これは1年だから、365日×24時間でわって、1時間あたり0.05マイクロシーベルトになる。

3月12日に福島原発が爆発してから、最初の頃、政府が日本の1年1.4ミリシーベルトではなく、世界平均のデータ(2.4ミリシーベルト)だけを言った。しかも内部被曝も言わなかった。

だから、政府を信用して、精密に考えていた人が混乱した。

2.4を365×24で割ってみると、1時間に0.27マイクロになり、結構、大きな数字だからだ。

北海道や秋田など、場所によっては0.27マイクロより小さな値が出た。つまり「原発が爆発したら放射線が減った」という奇妙な結果が得られたのだ。

もちろん、日本は日本で考えなければならない。さらに関東ではローム層が地表にあるので、それで少し減って0.025ぐらいまで下がる場所もある。今でも、しかも専門家でも、1年2.4ミリシーベルトが自然放射線で、それを外部被曝と思っている人もいる。

・・・・・・・

いずれにしても、生物は1日に0.05マイクロシーベルトぐらいの放射線を浴びてDNAが壊れても、それを直す力がある。

「自然の中で過ごすのが一番」というのは放射線でも同じだ。そして少し刺激があった方が、守る力も「リストラ」されない。(「リストラされる」というのは、放射線が無いところで長く生活すると、放射線で壊れたDNAを直す体内の物質が減ると考えられている。)

今、とても厳しい時期にあるけれど、目指すことは変わらない.

●  自然放射線の中で(できるだけそれに近く)、

●  栄養のバランスを考えて(酵素を作る)、

●  適度に休養をとって(キズを直す)、

●  毎日を楽しく(酵素を増やす)、

●  感謝の気持ちを持って(不満があると酵素が減る)、

というのが実は「自分の体にも一番良い」のだから、ビッグバンで誕生したこの世も上手くいっているものだ。

(平成23年6月11日 午前8時 武田邦彦執筆)

==以上==

| | コメント (0)

2011/06/08

日本政府はIAEAはごまかせないので、昨日、1号機から3号機がメルトスルーしていると報告しました。by 武田先生

久々に、武田先生のブログ転載です。

最近では、テレビでよくお見かけします。今回の原発事故でずいぶん有名になった、ネ(笑)。

==武田先生のブログより一部抜粋==

日本政府はIAEAはごまかせないので、昨日、1号機から3号機がメルトスルーしていると報告しました。国民は裏切り、海外には本当のことを言うという困った政府です。
メルトスルーもメルトダウンも、燃料破損も同じ事で、原子炉の中が壊れたと言うことです。あまり細かい用語は無視しましょう。
私のブログに3月20日頃、原子炉はもう危険なことは無いだろうと書いたのがこのことで、原子炉は3月20日ぐらいには壊れていました。

だから、今回、ウソがばれただけで、事実は3月20日にはわかっていたことですから、現実は危険でも無く、何も変わりません。
強いて言えば、7月に原発に網をかければ、私たちは完全に原発を忘れても大丈夫と思います。

ということです。

あともう少し、、、、でも、これからが復旧、復興に時間もお金もがかかるんでしょうね。政府のゴタゴタは、もう勘弁してほしいものです!!!

==転載開始==

http://takedanet.com/2011/06/110608_a9b0.html

【科学者の日記110608 夏を迎えて】

夏を迎えて被曝量を減らすために色々、やらなければならないことがあります。

政府、自治体、学校などは、子供達を何とか被曝させようと必死なので、それに対抗して大人がやらなければなりません.

・・・・・・・・・

1)   
エアコン
エアコンはフィルター、ファンのところに3月の放射性チリが付いていますので、良く掃除をする必要があります。
部屋の空気を循環するのは被曝という点では問題はありませんのでエアコンの使用は大丈夫ですが、その前に室内の空気が循環して床や壁、家具などに付いている放射性チリが舞い上がらないようにあらかじめ水拭きをしましょう。
また外から帰ってきたときに着ていた服を着替えて部屋に入ると、その部屋の放射線量が下がるので、被曝量の少ない快適な生活を送ることができると思います。

2)   
秋田と新潟のお米・・・どちら?
できるだけ原発から遠い生産地を選びましょう。岩手、秋田、新潟、長野、山梨、愛知より外側は大丈夫です.
秋田と新潟は米所ですが、両方とも安心です.

3)   
除去した土や草
夏には風が吹くので、表土(5ミリぐらい薄くとる。3ヶ月ぐらいたったたら2度目(原発にカバーがかかった後))と雑草は取ってきたいとおもいます。除いたものは本来は東電が持って行くのですが、今はダメなのでビニール袋に入れて庭の片隅にかぶせる土が20センチぐらいになるように埋めておきましょう.
そのうち、回収に来ると思います。

4)   
メルトスルー(原発の燃料溶融)
日本政府はIAEAはごまかせないので、昨日、1号機から3号機がメルトスルーしていると報告しました。国民は裏切り、海外には本当のことを言うという困った政府です.
メルトスルーもメルトダウンも、燃料破損も同じ事で、原子炉の中が壊れたと言うことです。あまり細かい用語は無視しましょう。
私のブログに3月20日頃、原子炉はもう危険なことは無いだろうと書いたのがこのことで、原子炉は3月20日ぐらいには壊れていました。
だから、今回、ウソがばれただけで、事実は3月20日にはわかっていたことですから、現実は危険でも無く、何も変わりません。
強いて言えば、7月に原発に網をかければ、私たちは完全に原発を忘れても大丈夫と思います.

5)   抗議こそが力になる(クリアランスレベル)
各地の市長などが瓦礫を受け入れ、生協が汚染された野菜を売っています.このような行為は違法ですから、個別に抗議していく必要があります。いろいろなものが持ち込まれ、焼却炉で燃やされると煙に放射性物質でてきます。

6)   
緊急時では政府はなにかしているのか?
政府は一刻も早く福島に実働部隊(消防など)を派遣して、汚染を取り除く必要があります。何もしなくても良いように、1年1ミリの基準を上げるなどの姑息なことをするのではなく、「旧に復する義務」が政府と東電にはあります。
補償や役人の処分も大切ですが、それより福島や茨城をまずは「旧に復してください」。

7)   
休みを取る
人間の体は放射線の低いところに行けば、今までの被曝によって起こった損傷を修理します.
家族で日本海側にドライブに行く、標高の高い高原で遊ぶ、夏休みを利用して北海道や九州に行くなど、いろいろ計画をしてください。
お金や時間の都合が付かない人は、「ミニホットスポット」を調べて、7月からの行動パターンを考えただけでも被曝は3分の1ぐらいになります.

8)   
海水浴、釣り
宮城沖から静岡沖までの海水浴と釣り、サーフィンは今年は控えた方が良いでしょう。いま、ワカメ、コンブがかなり汚染されていて、危険性が不明な状態です.
こんな状態が長くは続きませんから、今年は日本海側の海か、山の方で遊ぶ方が良いと思います。

9)   
シッカリして気楽な生活
注意点は少なくなって来ました。
風の日のマスク、雨の日の水たまり、牛乳と魚、原発近くの食材、汚染を表示しないスーパーを避ける、ミニホットスポットを覚えておく、公園に行かない、ヤブに入らない、少しずつ進める除染、
生活の習慣の中に取り込み、何気なく生活するようにしたいと思います.気楽な気分になることも修復力を高めます.強いて言えば「楽しいお掃除、楽しい除染」という感じです.

宣伝ではありませんが、原発の考え方の本を一通り出しまして、今、「被曝から身を守る」などさらに現実的なことを書いています.

並行して知識を増やすのも必要と考えています.

(平成23年6月8日 午前11時 武田邦彦執筆)

==以上==

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011/06/07

錯乱する総理大臣 病院で一度見てもらいましょう。周囲がみんな心配しています。by 現代ビジネス

「注水を止めろ!」という菅直人総理の指示を、「現場判断」で公然と無視し、ニセの文書まで作って官邸を欺き注水を続けていた---。かつてこれほど侮られ、軽視された政府があっただろうか。

と始まり、、、

この戦後最大の危機に、この人物が総理でいたのが、国民にとって取り返しの付かない災厄だったかもしれない。

と締めくくっている。

現場の足を引っ張る総理の様子が克明に解説されています。これが事実なら、本当に最悪の総理だわ。長いので、時間のある時にゆっくり読んでください!

==転載開始==

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/7195

現代ビジネスのサイトから。

【錯乱する総理大臣 病院で一度見てもらいましょう。周囲がみんな心配しています

「注水を止めろ!」という菅直人総理の指示を、「現場判断」で公然と無視し、ニセの文書まで作って官邸を欺き注水を続けていた---。かつてこれほど侮られ、軽視された政府があっただろうか。

 しかも東京電力福島第一原発の吉田昌郎所長は、指示を受ける半日前に直接菅総理と面会し、言葉を交わしている。おそらくその段階で、「この人の言うことは聞く必要がない」と見切っていたのだろう。

 原発事故発生当時、菅総理はそれほど混乱し、錯乱していた。

 5月26日15時、東京電力は単独で緊急会見を行い、前代未聞の事実関係を明かした。事故発生直後の3月12日夕方、官邸ら「再臨界の可能性がある。海水注入を止めろ」という指示を受けたにもかかわらず、吉田所長の独断で注水を継続していた、という。

 会見に立った武藤栄副社長も、「注水継続の技術的な側面については、議論の余地がない」

 と吉田所長の判断をかばった。東電は吉田所長の判断を是とし、総理の指示がいかに的外れだったかを暗に指摘しているのである。

 一連の事実経過について、経産省幹部A氏が本誌に提供した1通の極秘メモがある。

 メモは、「3・12の東京電力福島第一原発1号機への海水注入に関する事実関係」と題され、この日、官邸で何があったのか、分単位で細かい事実関係の推移がつづられていた。

〈3月12日 18:00~18:20頃 菅総理から、海水注入による冷却実施についての検討、指示が各所に出る。

 総理指示で、原子力安全委員会、同保安院などが検討することになったとされるが、実際には、班目(春樹)原子力安全委員会委員長、官邸詰めの武黒(一郎)東電フェローらが、「再臨界の可能性は極めて低い」と菅総理に進言しても、まったく無視された。

 菅総理は、「彼ら(班目氏ら)の言うことは信用できない」

 と、官邸の執務室に籠もり、知識のありそうな「内閣参与」の話を聞いたり、自ら電話をかけていた。(総理は)興奮状態で、側近の報告が耳に入らないようだった。その一方で、検討の指示と相前後する形で、海水注入命令が出た。

 総理はそれを「知らなかった」〉

現場の足を引っ張る総理

 このメモの記述について、経産省幹部A氏が解説する。

「福島第一では全電源が失われたことで核燃料が溶融し、地震発生からほぼ1日後の12日15時36分に1号機で水素爆発が起きた。とにかくすぐに水を入れて燃料を冷やす必要があったが、注入できる淡水はまもなく底を尽き、そのあと注入できるのは海水しかない。絶体絶命の危機に陥ったんです。

 実は海水注入について、もっとも判断が早かったのは、福島第一の吉田昌郎所長でした。メモによると、水素爆発の40分前の14時54分には、福島第一の対策本部から『準備が整い次第、海水を注水します』という報告が東電本店に届いています。東電本店からは15時18分に原子力安全・保安院にファックスが届き、海水注入の準備に入ったと連絡してきた。つまり、1号機が水素爆発を起こす以前に、現場は『海水を入れるしかない』と腹をくくっていたんです。

 ところがここからが問題だった。海水注入の是非についてすぐに判断できず、官邸が大パニックになっていたんです」(A氏)

 A氏のメモにも、〈現地が混乱、海水注入の準備中断。この後、2時間ほどは、各所の動きが不明〉となっている。現場が準備を整えていたにもかかわらず、「空白の2時間」を浪費したのである。

 なかでもとくに混乱していたのが、菅総理だった。

「菅総理は、海水注入の是非について海江田(万里)経産相に検討を指示し、班目氏ら安全委員会の専門家に『海水を入れて大丈夫なのか!』と聞いた。ところが、『再臨界の可能性はありません』という答えに満足せず、執務室にこもり、知人の科学者に電話をかけまくって自分で調べようとした。

 その間に、海江田経産相ルートで、いつのまにか『海水注入』の指示が出てしまっていたんです」(A氏)

 この経緯の意味するところは重大だ。官邸スタッフが「機能停止」に陥った菅総理を半ば見限り、「これ以上放置すれば炉心が持たない」と見切り発車で海水注入を指示したということだからだ。

メモにはこうある。

〈18:05 官邸から、電話で「海水注入をしろ」との海江田大臣の命令が東電対策本部に入る。東電側の問いに対し、「原子炉等規制法に基づくもの。命令文書はこの後届ける」と回答。東電は現地(福島第一)に命令が出たことを伝える〉

 5月21日の会見で細野豪志・総理補佐官は、18時5分の命令を、

「海水注入の準備指示だった」

 と発言している。しかし、東電側は、「海水注入の指示命令だった」と主張しているという。

 19時4分の海水注入後の連絡についても、政府と東電の認識は食い違っている。

 東電側は「注入を口頭で保安院に連絡した」としているが、保安院は「(連絡を受けた)記録が残っていない」としている。

 あくまで東電側の「自主判断」で海水注入が行われたと印象付けようとする理由は、この時点で政府内が大混乱しており、菅総理と海江田経産相の判断が分裂していたことを知られたくないからだった。

 この直後、さらに異例の事態が起こった。

「官邸に詰めていた武黒一郎・東電フェロー(元副社長)が、突然福島第一の吉田所長に直接電話を入れたんです。私のメモによれば、時間は19時4分から11分にかけて。『海水注入について、官邸の了解を得ていないため、まずい。止めたほうがいい』と説得する内容だった。

 武黒氏は19時20分に東電本店にも電話し、『官邸の了解を得ていない。騒動になるとまずい。いったん止めてほしい』と言い始めた。電話を受けた側が奇異に感じるほどの慌てぶりだったそうです。

 実は武黒氏は、菅総理に叱責されたんです。『海水注入を始めました』という報告に対し、菅総理が、

『オレは聞いていない! 再臨界の危険があるのに、何をやってるんだ! ただちに止めろ!!』と怒鳴りまくった」(A氏)

 この結果、19時25分にいったん注水は中止した、と官邸には報告された。第一原発からは、吉田所長も承認した文書が届けられたが、実際には注水は継続しており、官邸を欺くために作られたニセ文書だった。

「吉田所長はもちろん処分を覚悟のうえだし、東電も薄々知っていた気配がある。危機を回避するためには、それも仕方がないという究極の判断だった」(A氏)

 菅総理の「錯乱」と「再臨界する」という思い込みが招いたドタバタ劇だった。

「総理を説得したのは、原子力安全・保安院の幹部でした。メモによると、19時40分から、保安院のスタッフが海水注入による冷却の効果と、再臨界の可能性についての検討結果を菅総理に説明した。

ようやく納得した菅総理から、『海水再注入』の指示が出たのは、19時55分でした。これを受けて、20時5分に海江田経産相が海水注入を命令。東電は胸をなでおろした」(A氏)

療養が必要なのでは

 菅総理自身は、5月23日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、

「(海水注入の)報告はございませんでした。報告が上がっていないものを、『止めろ』と言うはずがありません!」

 と語気を強めていた。

 一方の班目原子力安全委員長は、

「私が再臨界の可能性など言うはずがない。そんなことを言ったら専門家としての生命は終わりだ。名誉毀損で、冗談じゃない」

 とまで言っている。どちらがウソを言っているのか「藪の中」のような騒動だったが、現実は「再臨界はない」と主張する班目氏の意見に菅総理がまったく耳を貸さず、時間を空費していたというのが真相だった。

 18時5分と19時55分の二度にわたって注水指示が出ているのも、菅総理の混乱が原因だった。

 ある民主党のベテラン議員はこう話す。

「官邸スタッフの間では、『菅さんは病気ではないか』という話が出るほど、気分のアップダウンが激しい。もの凄く落ち込んでウツ病のようになるときもあれば、興奮して怒鳴りまくることもある。いったん思い込むと、いっさい人の意見を聞こうとしない。唯一の例外は、伸子夫人らしいがね」

 ほかにも、菅総理の怒声を直接、耳にした人物がいる。

 佐賀大学元学長の上原春男氏は、原子炉復水器の専門家として、地震発生直後から直接、間接に官邸に対し、助言していた。

 その上原氏本人が明かす。

「原発が次々に水素爆発を起こした直後の3月20日、佐賀市内の私の事務所に、原口一博氏ら佐賀出身の国会議員が何人か集まって、福島の事象について説明するように求められたんです。

 私の話を聞いた原口さんが、その場で携帯電話を取り出し、菅総理に連絡を入れた。私はその電話口に出る形で、総理と直接言葉を交わしたんです」

 上原氏は一刻も早い冷却系の回復と、それが不可能であれば外部冷却装置の設置を訴えた。

 実は上原氏は16日、17日にも事故対策統合本部の細野氏に呼ばれ、上京していた。しかし結局多くのメンバーが慌ただしく動いているばかりで、まとまった会合は何一つ開かれなかったという。

なかでも、大きな身体で右往左往し汗だくになってひときわ目立っていたのが海江田経産相だった。

 上原氏は、統合本部の混乱に呆れ、自らがまとめたレポートを置いて、そのまま佐賀に戻ってしまった。

「20日の電話で総理は、『あなたの書いたレポートには目を通しましたが、技術的に理解できない』と言う。『技術的に分からずとも、やる決断はできるでしょう! イエスかノーか、決めてください』と迫ったんですが、話になりませんでした。

 異変が起こったのはそのあとです。菅さんが、舞い上がってしまった。私に厳しく言われてカッとなったようで、突然何事かわめき出したんですよ。ヒステリックというのを通り越して、ちょっと尋常ではない感じでした。日本語でもフランス語でもないような言葉を、早口で延々わめいているんです。ショックでした。日本の総理大臣がこんなことになっているなんて、思いもよらなかった」

 菅総理の怒声は電話口を通して、周囲にもはっきり聞こえるくらいの大きさだったという。

「そこにいる人みんなが、(電話は)もう止めろ止めろ、と身振りで私に伝えていた」

 その時点で上原氏は菅総理との対話を諦め、原口代議士に携帯電話を戻した。

 菅総理は、極度のプレッシャーがかかるとにわかに判断停止する、という悪癖があるようだ。別の官邸関係者が言う。

「1号機が爆発した直後のパニックは凄かった。『放射能を拡散させるな!』と怒鳴り、その後17日に警視庁の高圧ポンプ車が放水に失敗すると、

『たかが放水に何時間かかっているんだ! 自衛隊のヘリを全部福島に集結させろ! 警視庁はいったい何しに福島まで行ったんだ!』

 と暴言を吐いた。しかもその後、執務室の椅子に崩れるように座り込んでしまった。

 その後1、2号機に通電が可能になったときも、

『遅い遅い遅い!』

 と叱咤したという。周囲は弁明に必死ですが、菅総理は聞く耳を持ちません」

 官邸スタッフはこうした菅総理の実像を国民の目から隠そうと躍起になっている。

 5月21日に、読売新聞と産経新聞が「首相意向で海水注入中断」などと報じると、ある官邸幹部は、

「お前らの情報源は分かっている。流したのはアイツとコイツだろう。自民党にも流しただろう」

と記者に露骨なプレッシャーをかけていたという。しかし、今回東電が明かした発生直後の事実関係やA氏のメモ、上原氏の証言など総理の実像を知りうる人物の情報によって、錯乱する宰相の姿が徐々にメディアに漏れ始めている。

 多くの国民が菅総理の言動に漠然とした不安を感じているが、こうした事実を知れば、不安は不信へと変わるに違いない。

「菅総理は、24日からサミットのためフランスへ向かいましたが、この非常時に6日間もの長期出張の日程を組んでいる。サミット終了後も、別の国際会議に出席する日程を入れて、1週間近く欧州に滞在する。これは異例です。

 どうやら、菅総理の状態を見かねた伸子夫人の進言らしい。『震災・原発事故対応で神経が疲れているから、少しヨーロッパでゆっくりしたら』ということなんでしょう」(全国紙政治部デスク)

 この戦後最大の危機に、この人物が総理でいたのが、国民にとって取り返しの付かない災厄だったかもしれない。

==以上==

人気blogランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/06/03

WSJ(ウオールストリートジャーナル、ジャパン)の今日の【社説】小沢主導の政界再編への期待

きのうの内閣不信任案否決、いまだに「何で?」、、、って、思ってます!

でも、

鳩山前首相の信じられないお人良しぶりには、どうやら、第2幕がある?

、、、、、といいね(笑)。

さて、

WSJ(ウオールストリートジャーナル、ジャパン)の今日の社説です。

日本の新聞とはちょっと違った角度で、見ているかしら???

きのうの茶番劇の「裏話や」、「これから」は、書いてないけど(笑)、菅総理の辞任も そう遠くないかも、、、!

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_245295

【社説】小沢主導の政界再編への期待

日本の菅直人政権に対する野党の不信任決議案は2日、293対152の大差で否決された。この結果は一見、菅首相の圧勝にみえる。だが、この国ではよくあることだが、その実は全く異なり、菅首相を「勝利者」と呼ぶには程遠い決着だ。東日本大震災の復興にめどがつくと思われる2、3カ月のうちには退陣することを表明した上での不信任案否決だからだ。

当初不信任案に賛成して首相を引きずりおろそうとしていた与党・民主党議員を土壇場で思いとどまらせたこの退陣表明の裏でどんな取引があったのか。それが表に出て来るには、まだしばらく時間がかかるであろうし、同時にそれは強力なリーダーが必要なこの試練のときに、先の見えない不確実な時間が続くことを意味している。

 与党・民主党内の反菅勢力が野党に協力して不信任決議を可決させるのに十分な人数を確保していたかは、今となってはわからない。採決前夜の票読みでは確率は五分五分だったようだ。だがいずれにせよこの日に不信任案を通して退陣までに追い込むまでの必要はなかった。調査機関ピューの最近の世論調査では、日本人の79%が首相の震災対応をお粗末とは感じてはいるものの、大半の国民がこの国難を顧みずに繰り広げられる民主党内の権力闘争を苦々しく思い、当面は菅首相の続投を容認していたからだ。

 菅政権がここ数カ月で向き合う最大の試練は、実は震災復興ではない。その震災対応も含めた政府活動を担保する補正予算や予算関連法案を国会で成立させることこそ最重要課題なのだ。米国政府同様、日本政府も借金枠の上限ぎりぎりまで来ている。様々な社会保障政策を見直さなければ、この膨大な政府債務はいずれ制御不能になる。

 31日に米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが日本の国債格付けを引き下げる方向で見直すと発表したのも、財政改革の進展がみられないことと、低い経済成長見通しが原因だ。それはつまり、日本の政治システムが末期の機能不全に陥っているとの認識の表れなのだ。
 
 この停滞を打破するのに日本がより強力な指導者を見付けることは喫緊の課題だ。その候補の一人は民主党の小沢一郎元代表かもしれない。長く首相候補とされながら、いまだ首相にはなっておらず、また彼の育てた有力政治家の誰もが首相職には就いていない。しかし小沢氏のただならぬ力は、今年初めに政治資金スキャンダルで起訴され、昨年9月には民主党代表選で菅首相追い落としに失敗したにもかかわらず、その影響力を保っていることをみれば明らかだ。最大野党・自民党の谷垣禎一総裁は今週に入り、民主党・小沢グループとの連立政権の可能性を排除しないとも受け取れる発言を行った。過去の自民党と小沢氏の怨念を考えれば驚くばかりだ。

 国民世論が小沢氏を嫌っているのは紛れもない。ここでこの政治家の嫌疑について何らかの法的免責を与えれば大きな物議を醸すことは必定だ。しかし小沢氏が自民党と袂(たもと)を分かつことになった彼の長年にわたる政治信条――利益供与型政治の改革へのたゆまぬ努力、官僚支配の打破――を考えると、その力は重要だ。もし小沢氏が民主、自民両党の改革支持勢力を束ねることができれば、小さな政府と経済成長の促進政策への国民的コンセンサスを形成することも可能になるかもしれない。

 現実には、ムーディーズや他の政治評論家が予測するように、また精彩に欠けた別の政治家が民主党政権で首相になり、停滞が続く可能性は高いだろう。とはいえ、この国の債務問題がいよいよ危機に近づいている現在、政治を密室から解き放ち、国民の前でしっかり政策論議を進めることのできるリーダーのいち早い出現が待たれる。

以上

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/02

「不信任案」は、大方の予想を裏切って、「否決」でした。何で???

今日という日は、これからの日本の行くべき方向を正す日だったはず、、、、

なのに、「不信任案」は、大方の予想を裏切って、「否決」でした。

何で???

菅総理が時期は明言していないものの退陣を表明いたしました。

↑これが理由なの?

石川ともひろウェブサイトから。

http://www.tokachi-ishikawa.com/diary/

【本日の内閣不信任決議案採決にあたって】 

 私は平成16年12月4日に地方が元気にならなければ国全体が元気にならないとの思いを持って立候補を表明して以来、一貫して地域の為に活動をしてまいりました。

 そして一昨年の衆議院議員選挙においては小選挙区でお選びを頂き十勝の代表として送り出して頂きました。しかしながら政治資金規正法違反で逮捕されるという事態になり期待を裏切ってしまったことに改めて深くお詫びを申し上げる次第でございます。但し、この点については不正なお金は断じて受け取っておらず無罪を勝ち取るために戦っておりますのでどうか裁判闘争をご支援賜りたくお願いをする次第でございます。

 この事件の責任を取って民主党を離党いたしましたが地域を良くしたい国を良くしたいという気持ちはいささかも変わっておりません。しかしながら菅総理大臣の行動原理である「思いつき」の対応に、国民は絶望さえ感じているのが現状ではないでしょうか。郵政見直しも進めることが出来ず去年の唐突な消費税増税発言や尖閣諸島沖の中国人船長釈放、そして原発への対応の遅れなどが続き、もはや政権交代の意義を失わせています。

 本日、菅内閣不信任案が提出されました。上記の理由により賛成票を投じるつもりでおりましたが菅総理が時期は明言していないものの退陣を表明いたしました。 

 菅総理が退陣を表明したことにより賛成票を投じることはしませんがTPPを推進する菅総理に対して十勝選出の代議士として信任票を投じることは出来ません。

 従いまして本日の不信任決議案に棄権致しました。

 離党してもなお選対本部長として活動を共にして頂いた民主党十勝や連合十勝の皆様、逮捕されてもなお私の無罪を信じて応援してくれている石川ともひろ後援会の皆様、今日まで連携をしていただいている鈴木宗男後援会の皆様をはじめ私をご支援頂いている多くの皆様にどうか私の決断をご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

以上

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/01

日本の首相は麻生さん? 独紙イラストに似た人物が…

【日本の首相は麻生さん? 独紙イラストに似た人物が…】2011.6.1 06:40産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110601/erp11060106440001-n1.htm

ドイツの主要週刊紙ツァイトが先週、フランスで開かれた主要国(G8)首脳会議(ドービル・サミット)に参加した各国首脳を描いたイラストで、日本の指導者について菅直人首相ではなく、麻生太郎元首相に似た人物を登場させていたことが31日、分かった。毎年のようにサミット出席者が代わる日本の首相の存在感の薄さを物語っているようだ。(共同)

Erp11060106440001p1

これって、絶対、麻生さんでしょ。。。。笑える!

さて、今日は 不信任案がやっと出されるようです。可決すると見る人がかなりいますが、どうなるのか見守りたいと思います。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »