« 次回の第9回ネパールミーティングは最終回です。 | トップページ | 19歳差 全豪で笑顔絶やさず初白星 錦織・クルム伊達組 »

2012/01/18

第146回芥川賞に決まった田中慎弥さん、っておもしろい(笑)!

Art12011723490012n1==産経ニュースから転載==

「共喰(ともぐ)い」で芥川賞を受賞した田中慎弥さん(39)は、ジャケットに紺のタイ、デニムパンツという服装。5度目のノミネートを経ての受賞だったが、その顔に笑みはなく、浮かない表情で会見場に登場。脱力したような、斜に構えたような態度で席についた。

 ――まず一言

 「確か、(米女優の)シャーリー・マクレーンが何度もアカデミー賞にノミネートされた末にようやく取ったとき、『私がもらって当然だと思う』と言ってたらしいが、だいたいそういう感じです」

 《会場、爆笑》 

 「4回も落とされたので、断るのが礼儀といえば礼儀。でも私は礼儀を知らないので、(芥川賞を)もらうことにした。断って、気の小さい選考委員-都知事が倒れて都政が混乱してはいけないので。都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる。もう、とっとと終わりましょうよ」

 《体をひねって嫌がる田中さん》

 ――今回は東京ではなく地方在住の作家の受賞が目立つが

 「感想はありません」

 ――他の受賞作については

 「読んでないのでわかりません」

――5度目の候補で受賞したことについて

 「1回目で受賞するのが一番いいんで。5回目だとまぬけです。もうやめましょうよ」

 ――田中さんは「自分は働いたことがない、働いたら負けだ」と以前話していましたが、いま仕事の見つからないニートの方に一言あれば

 「人によって状況が違うので他の人に言うことはありません。私は本を読んで小説を書いて、小説家になっただけです」

 ――田中さんは携帯を持っていないが、今日はどのようなかたちで受賞の報を受けたのか

 「都内の飲み屋で待っていました。プリぺイド方式の携帯を編集者が持ってきて、(受賞の報を)受けました」

 ――どなたかに知らせましたか

 「母に」

 ――お母さまは何と?

 「『良かったね、おめでとう』だけです」

 ――文学振興会から受賞の報を受けたとき、どう返事したのですか

 「ちょうだいします、と」

 ――今回の受賞を受けて、心境の変化はありますか

 「気持ちの変化はありません。私には意欲がありません」

 ――故郷・下関への思いを教えてください

 「非常に乾いた街です」

 ――受賞によって下関を離れるとか、書くスタイルは変わりませんか

 「今までどおりです」

――シャーリー・マクレーンと同じく受賞は「当然だ」ということですが、当然とは?

 「当然だから当然です」

 ――選考委員の石原慎太郎氏に一言

 「おじいちゃん新党結成に向けていそしんでいただければ」

 ――地元の恩師の方からもお祝いの声が寄せられています

 「それは嘘ですね、私は教師に嫌われていたわけですから」

 ――不機嫌なのはなぜ?

 「とにかくやめましょうよ。私は円城さんのように丁寧にできないので」

 ――今日はお酒は飲んできたんですか

 「ワイン2杯くらいです」

 ――たくさんの人の前で話すのは嫌いなのですか

 「こんな場所で話すのが好きな人はいないでしょう。政治家じゃないんだから」

 ――最近講演などもされているそうですが

 「それは、ギャラが出るんで」

 《終始、不機嫌な様子の田中さんだが、過激な発言に会場は時折、苦い笑いに包まれた。果たして芝居なのか、本心なのか…》

==転載終了==

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120117/art12011723490012-n1.htm

受賞作品「共喰(ともぐ)い」、、、ちょっと読んで見たくなった(笑)。

人気blogランキングへ

|

« 次回の第9回ネパールミーティングは最終回です。 | トップページ | 19歳差 全豪で笑顔絶やさず初白星 錦織・クルム伊達組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次回の第9回ネパールミーティングは最終回です。 | トップページ | 19歳差 全豪で笑顔絶やさず初白星 錦織・クルム伊達組 »