« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/30

きのうの官邸囲む原発抗議デモは15万~18万に、、、、

各メディアによって、デモに参加した人数が違います(笑)!

朝日新聞デジタル 15万~18万人
産経新聞 2万人弱
東京新聞 以下の記事参照
警視庁調べで約1万7千人

ホントは、何人?

==東京新聞から転載==

関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働決定の撤回を求めるデモが二十九日夜、首相官邸周辺(東京都千代田区)であり、市民らが「再稼働反対」「原発いらない」と官邸に向かって声を上げた。関電は七月一日に3号機の原子炉を起動する準備を進めており、再稼働を前に徹底抗戦の場となった。 

 複数の市民グループ有志でつくる「首都圏反原発連合」がツイッターなどで呼び掛け、三月末から毎週末、官邸前で実施。政府の再稼働方針に反対している。参加者数は回を追うごとに増え、この日は官邸前から霞が関の財務省前まで七百メートルほど人の波が連なり、官邸近くでは車道をほぼ埋め尽くした。

 デモ開始の午後六時前。学生、子ども連れの母親ら幅広い年齢層が集まり始めた。中には太鼓をたたいたり、反原発をデザインした自転車で走る人も。

 参加した出版社社長の富澤昇さん(60)=東京都府中市=は「3号機を動かして他の原発も再稼働するという政府の考えが見える。そもそも地震大国の日本に原発をつくるのが間違い」と批判した。

 同僚を誘って二度目の参加という会社員の岩渕政史さん(34)=墨田区=は、これまでにない参加者の多さに驚きながら「首相は国民の目線と全然違う。日本をこれ以上汚す気か」と憤慨した。

 二歳の男児を抱いて子育て仲間と来た杉並区の主婦(34)は「今声をあげなかったら、子どもから『なぜお母さんとお父さんは私たちの未来を守ってくれなかったの?』と言われるかも。子どものためにも行動しなくてはいけない」と話した。

2012063099070325

==転載終了==

ホントは何人なのか、写真見ただけでもわかるよねぇ(笑)。311以来、誰が嘘つきなのかが、だんだんと明らかになってきている。日本ガンバ!!!

| | コメント (0)

2012/06/29

原発危険度:24基「即時廃炉」 超党派議員がランキング

==毎日新聞より転載==
http://mainichi.jp/select/news/20120629k0000m010100000c.html

毎日新聞 2012年06月28日 23時00分(最終更新 06月28日 23時10分)

超党派の国会議員で作る「原発ゼロの会」は28日、全国の原発50基を経過年数や地盤の状況、周辺人口などで採点した「原発危険度ランキング」を発表した。危険度が最高だった日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県)など24基は過去の地震で被災したり、活断層上に立地していることから、点数に関わらず「即時廃炉にすべきだ」と位置付け、残り26基を危険度順に並べた。

 NPO法人「原子力資料情報室」や原子力安全・保安院などの情報提供に基づき、▽原子炉(炉型、経過年数、事故率など=配点6)▽地盤など(耐震性、地盤状況=配点5)▽社会環境面(周辺人口、事業者への行政処分の実績=配点4)−−の3分野9項目から、15点満点で評価したという。

 「即時廃炉」の24基のうち、敦賀1、2号機や菅直人前首相の要請で停止中の中部電力浜岡原発3〜5号機(静岡県)は「活断層上にある」ことが理由。東京電力福島第1、第2原発(福島県)、東電が13年度以降の再稼働を目指す柏崎刈羽原発1〜7号機(新潟県)などは、東日本大震災や07年の新潟県中越沖地震で被災したため「再稼働は危ない」と判定した。

==転載終了==

~以下の表は、asahi.comより転載~
Jpg_2
http://www.asahi.com/special/gallery_e/view_photo_feat.html?jisin-pg/TKY201206270653.jpg
~転載終了~

今日の夕方の官邸を囲むデモの数が楽しみだわ(笑)。

| | コメント (0)

2012/06/18

八ヶ岳の友人に勧められて、映画「道~白磁の人~」を観てきた。どおりで、、、、山梨県北巨摩郡が舞台だったのね(笑)。

==Yahoo Japan 映画から転載==
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id341772/

一介の林業技師として朝鮮半島の自然復活のために尽力した実在の人物・浅川巧の半生に迫る壮大な人間ドラマ。日本に併合された約100年前の朝鮮半島で、荒廃した野山をよみがえらせるために生涯をささげ、40歳という若さで亡くなった男の真の姿に迫る。『逃亡くそたわけ-21才の夏』の吉沢悠が浅川を演じ、彼の良き友を『ガールフレンズ』のペ・スビンが演じている。浅川の生誕120年を記念し、日本と韓国が力を合わせて撮り上げた感動の物語に涙腺が緩む。

==転載終了==

公式サイト:
http://hakujinohito.com/index.html

Dscn1315

韓国人俳優は、배수빈(ぺ・スビン)です。
私が去年の10月に、最初に見た韓国ドラマ「華麗なる遺産」に出てます。


http://gyao.yahoo.co.jp/p/00867/v00217/?sc_i=gym050

現在Gyaoで再配信中です。

Dscn1321

MOVIX昭島で、初シニア料金1,000円で鑑賞。

Dscn1316

お昼は、久々に「ペッパーライス」をエスパのフードコートで。
↓Sサイズ500円だった。

Dscn1317

それで、映画の感想は、、、、

「日本と韓国が力を合わせて撮り上げた感動の物語に涙腺が緩む。」とあったので、ハンカチを用意して、泣かされ(笑)ないように、油断しないで映画を見た。 最後にちょっと、、、うるうるっ、としたけど、全体的には、私にとっては「韓国語の勉強」が前面に出たせいか、かなり冷静に映画を見た気がする。 韓国との間のことは、勉強不足で自分でもよくわからないけれど、個人対個人のレベルであれば、今の日本と韓国は充分理解し合える関係になれていると思うし、そう信じたい。

20年以上前に読んだ「木を植える男を」思い出した。


| | コメント (0)

2012/06/16

日本財団ROADプロジェクト関連のボランティア募集 足湯ボランティア 

きのう、日本財団 寄付プロジェクトNEWSが、届いた。

==メール転載==

◆「楽しく寄付して、被災地にエールを。」◆
日本財団は、本年3月より、新たな被災地支援として日本オリンピック委員会(JOC)との共同プロジェクト「エールFOR日本」を開始しました。被災地の沿岸部では、野球場やグラウンドなどのスポーツ施設に仮設住宅が立ち並び、スポーツをする環境が奪われてしまいました。そこでオリンピック選手と共に、被災地でのスポーツ教室の開催や津波で流されてしまったスポーツ用品を被災地の子どもたちに届ける活動などを行っています。

「エール FOR 日本」では、「ラッフル」(慈善福引)という方法で寄付を募っております。1口1,000円の寄付で、抽選券を1枚お渡しし、「3泊5日のロンドンオリンピック観戦ツアー(5組10名)」や、「オリンピック日本代表選手のサイン入りグッズ」など豪華景品が抽選で当たります。楽しく寄付をして、被災地支援を継続して下さい。ご協力よろしくお願いします。
※景品は、本プロジェクトに賛同する企業や団体から無償でご提供いただいております。

★「エール FOR 日本」ホームページ

http://yell-for-nippon.or.jp/
★寄付金の使われ方
http://yell-for-nippon.or.jp/about/howtouse.html
★景品一覧
http://yell-for-nippon.or.jp/prizes/

◆「ROADプロジェクトご報告」◆
日本財団 ROADプロジェクト(東日本大震災支援基金)にご寄付いただき誠に有難うございました。現在、ROADプロジェクトでは、みなさまからの寄付金を活用して、仮設住宅で暮らす被災者の孤立感を解消するための見守り体制の構築を地元団体と連携して行っております。また、コミュニティづくり支援として、足湯ボランティアの派遣を継続して実施し、仮設住宅の集会所で足湯の提供とともにお茶会や各種教室などを開催しています。
今後ともROADプロジェクトへの支援・ご協力をお願いします。

まもなくROADプロジェクト1年間の活動記録が完成します。6月下旬に日本財団ホーム
ページにて公開いたしますので是非ご覧ください。

http://www.nippon-foundation.or.jp/

==転載終了==



去年、初めて「日本財団」を通じて、東日本大震災支援のための寄付をしたんだけど、それまで、「日本財団」なんてよく知らなかったから、5,000円しか寄付しなかった、、、、、だって、何か怪しそうだったから(笑)。でも違ったね。寄付した額にかかわらず、その後どうやってお金が使われて、どうなったかという報告がちゃんと届いた。これ、「本物」だって思った!

日本財団HP↓
http://www.nippon-foundation.or.jp/index.html

「日本財団」とのつきあいは、それ以来です、、、って、別になにもしてないけど、、、(笑)

実は、、
数日前から、なにか私にできるボランティアはないものかと、日本財団のHPをチェックしていて、「足湯ボランティア」ねえ、、、、、ふーーーーうん、、、、

そうしたら、きのうメールが来た、、、って、偶然?

日本財団ROADプロジェクト関連のボランティア募集
足湯ボランティア詳細↓
http://road.nippon-foundation.or.jp/2011/05/post-2f2d.html

| | コメント (0)

2012/06/14

例えば10万円寄付したら、10万円全額を現地に届け続けているネパールで一番有名な日本人の「OKバジ」から手紙が来た!

去年の7月に「OKバジとお話をする会」にい行った時のお礼状だった。

川崎の友人からOKバジからの手紙が転送されてきたので、ここに公開します、、、って、公開していいのかしら(、、、あとで友人に事後承諾だわ、、、笑)。写真も同封されていました。

---------------------------------------------------------------

いよいよ日本への一時帰国を前にしてカトマンズに出てきました。
今日はすっかりご報告が遅れたお詫びとご支援金のお礼です。

去る7月14日(2011年)にお預かりした10,000円は別紙の説明書にありますようにジョラ基金1口分として使わせて頂きました。ありがとうございました。

阿部さんからの10,000円はこの写真にあるミッテル郡コップラック村のジャナカラヤン小にずっと残り問題をかかえている家庭の子供達の手助けとなっていきます。利息のみ支援をするものです。

説明書をお読みください。ご理解いただければ幸いです。報告が遅れたことわお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

よい2012年を過ごされてください。今年お会いできるでしょうか。たのしみにしています。ごきげんよう。


OKBaji 2012.5.22

Okbaji

ジャナカラヤン小中学校でジョラ基金による奨学金の支給風景(2012.3.7)

---------------------------------------------------------------

OKバジの事、ジョラ基金、「OKバジとお話をする会」についてもっと知りたい方は、コメント欄にその旨書き込んでください。折り返しお返事いたします。

OKバジのスケジュールはこちらでチェックできます(6/16追記)。 http://www.tihal.com/OK/schedule/2012.html



| | コメント (2)

セブン&アイ ホールディングス グループが開発した”インド風チキンカレー”を食べてみました。

販売者は、エスビー食品。

PVブランドって、どうなの?消費者の立場からは、安くて美味しいほうがいいに決まってるけど、、、、。食品業界人から聞いた話だけど、PVブランドって、メーカー泣かせ、なんだって。そうだよ、この値段で売ったら、赤字でしょ?159円だったっけ?

Dscn1301

インド風というだけあって、サラサラなルーに「インド」の味でした(笑)。美味しかった、しかも、値段も安い。確か、、、、159円?だった、、、と。


ちなみに、

我が家のお気に入りカレールーは、”DINNER CURRY辛口”

Dscn1302

↑これをベースに、

Dscn1303

↑これ(GOLDEN CURRY中辛)を適当にミックスして作っています。
DINNER CURRY辛口は、かなり辛いよ(笑)!

SB食品ガンバ!


さて、
梅雨入りしちゃいましたね。しばらく雨の天気が続くらしい、、、、。

| | コメント (0)

2012/06/10

”これで倒閣運動が起こらなければ日本は終わりだ” by天木直人

=2012年06月09日の天木直人ブログから転載=

http://www.amakiblog.com/blog/

”これで倒閣運動が起こらなければ日本は終わりだ”

よくもこんな記者会見が出来たものだ。

 日本国民を悲嘆のどん底に起こした人災福島原発事故。

 そのすべてが何も収束していないのに、

 子供たちの被曝が放置されているというのに、

 国会事故調査委員会の解明も終わっていないのに、

 なによりも国民の大半が反対しているというのに、

 それらを無視して総理が決断すれば何でも出来ると言わんばかりだ。

 これほど傲慢な首相がかつていただろうか。

 これほど間違った政策を強行した首相がいただろうか。

 いまの政治家の中で倒閣宣言を行なうものはいないのか。

 それが小沢一郎であれ、橋下徹であれ、渡辺喜美であれ、最初に
それを宣言したものが勝ちだ。

 そこには正義がある。

 国民はついていく。

 政治家が出来なければ国民が立ち上がればいい。

 原発に反対してきた人たちよ、いまこそ声をあげよ。

 若者よ、幼子を抱えた母親よ、善良な国民よ、それに続け。

 どのような形でもいい。心の中でバカヤローと叫ぶだけでもいい。

 このまま野田首相を逃してはいけない。

 打倒野田政権こそ日本の中東の春だ、日本の1対99の戦いだ。

 世界はそれを見守っている。

                                      了
=転載終了=

怒りのブログでしたね。

去年の3月11日以来、「自分になにができるのか」って、ずーと考えていてる、、、、もちろん、ちゃんと実行している人もたくさんいると思うけど、、、、多くの人が「そのチャンス」をじっと待っているんだと思う。最近、公明党とか共産党がまともに見えてくるって、どうなの(笑)?

| | コメント (0)

2012/06/08

サンデル教授 来日特別講義 白熱教室に5000人が参加

米ハーバード大のマイケル・サンデル教授って、59歳なのね(笑)。

Art12060708040003p1

=産経ニュースから転載=
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120607/art12060708040003-n1.htm

■「議論する価値」を日本の原動力に

 身近な話題を聴衆に問いかけ、市場や民主主義の役割など政治哲学の難問を考えさせていく。熱気あふれる対話型講義で知られる米ハーバード大のマイケル・サンデル教授(59)が来日し、震災後の日本の問題などについて約5千人の参加者と議論を交わした。

=中略=

◆市場主義乗り越えるには

 そして休憩を挟んで、後半へ。「東日本大震災で発生した東北のがれきの処理は、日本全体で分担すべきか」。震災がれきの受け入れや原発の再稼働など、東日本大震災にからむ問題を取り上げると、議論はさらに白熱した。

 不可避の負担をどう分かち合うべきか、その際に金銭を介すべきなのか。正解はないが、民主主義社会の一員として、誰もが結論を下さなければならない問題を問いかけながら、教授が何よりも強調したのは、公の場できちんと議論が行われること自体の価値だった。市場が答えを出すという市場主義を乗り越え、よりよい社会を築く上で欠かせない価値は、熟議の中で生じるという。

 「主張し、発言し、議論に参加し、社会を変える。そうであれば、3・11は日本にとっての民主主義的精神の新たな始まりになるかもしれない」。約3時間半にわたる講義を終え、ステージを降りた教授の周りには大勢の参加者が殺到。教授は気さくに握手に応じながら会場をあとにした。

=転載終了=

ようするに、、、、

”教授が何よりも強調したのは、公の場できちんと議論が行われること自体の価値だった。”

”よりよい社会を築く上で欠かせない価値は、熟議の中で生じるという。”

それと、こんなことも、、、、

”さらに、保育士の残業を解消するため、子供を迎えに来る親の遅刻に対し罰金を科したイスラエルの保育所の例などを紹介。すると、相手に迷惑をかける罪悪感が消え、かえって遅刻が増えたという。”

なんでもお金で解決していいのか?、、、、って、ね。

| | コメント (0)

2012/06/04

小川元法相“指揮権検討も首相了承せず”

法相“指揮権検討も首相了承せず”

~NHK NEWS WEBから~
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015593191000.html

小川法務大臣は、退任にあたり記者会見し、民主党の小沢元代表の政治資金を巡る事件で、事実と異なる捜査報告書を検察審査会に提出していた検事への捜査を徹底させるため、指揮権の発動を検討したものの、野田総理大臣の了承が得られなかったことを明らかにしました。

小沢元代表の政治資金を巡る事件では、捜査が進められていた当時、東京地検特捜部にいた検事が、事実と異なる内容の捜査報告書を作成し、検察審査会に提出していたことが明らかになりました。

これについて、小川法務大臣は、4日の退任の記者会見で、「検察庁に対する信頼が損なわれているときに、検察が身内に甘い、適当な形で幕引きをすれば、信頼回復ができないのではないかと心配した」と述べました。

そのうえで、小川法務大臣は「検察が身内に消極的である場合に、積極的ならしめることが法務大臣の本来の姿ではないか。そういう意味で、指揮権の発動はふさわしいケースで、私自身は指揮権の発動も決意したが、野田総理大臣の了承が得られなかったので大変残念に思っている」と述べ、検事への捜査を徹底させるため、指揮権の発動を検討したものの野田総理大臣の了承が得られなかったことを明らかにしました。

ただ、小川法務大臣は、内閣改造で退任することや、実際には指揮権を発動しなかったことから、検討した指揮の内容については公表しませんでしたが、法務大臣が指揮権の発動を検討していたことが明らかになるのは極めて異例なことです。

一方、検察は、問題の捜査報告書の作成が意図的だったとまでは言えないとして、検事らの刑事責任は問わないものとみられます。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »