« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/20

”私がもっとも心を動かされたのは、官邸前の抗議行動が終わるときだった。”by長谷川幸洋「ニュースの深層」

昨日と今日では空気がぜんぜん違う、、、、涼しい!

さて、
毎週金曜日になると気になるのが「官邸を囲むデモ」。

==長谷川幸洋「ニュースの深層」から一部転載==

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33032?page=2

それぞれが自由に集まり、整然と帰っていく「個人」の力 
~代々木公園「さようなら原発10万人集会」で感じたこと

金曜夜の首相官邸や国会議事堂前で路上に立ち、みんなと一緒になって「再稼働反対」と声を出してみる。手製のプラカードを掲げてみる。疲れたら輪を離れ、歩道脇の石垣に腰を下ろして、隣の人と言葉を交わしてみる。そうやって2時間近くを過ごすと、ひととき、どこか胸のつかえが下りたような気持ちになって、家に帰っていく。

 私がもっとも心を動かされたのは、官邸前の抗議行動が終わるときだった。

■勝手に路上に立つ「個人」

 それまで官邸前でも国会議事堂前でも前のほうに進もうとすると、人の波が多すぎて、にっちもさっちも動けなかった。ところが時計の針が7時半を回るころから、5人、10人と、前方から後方へと戻っていく人が出てくる。後ろへ下がっていく人並みはあっという間に数十人、数百人単位になり、やがて周辺の歩道は帰る人で一杯になった。

 抗議行動が終わる午後8時だった。

 抗議のコールやドラムの音はまだ鳴り響いていたが、帰りを急ぐ人たちは黙々と歩いていた。杖をついて歩く老夫婦がいる。新党日本の田中康夫衆院議員が自ら現場で配った白い風船を手にした母子連れがいる。彼らはもうシュプレヒコールも上げず、興奮した様子もなく淡々と地下鉄の駅や交差点に向かっていた。整然とした帰り姿。私は、こういう終わり方を予想していなかった。

 帰る彼らを見ながら、これは私が経験した70年代のデモとはまったく違う、と思った。かつてのデモは文字通り「闘争」だった。現場には明確な目標があった。首相官邸だろうが街頭だろうが、警察が阻止線を張っていれば、そのバリケードを実力で突破する。突破できなくても体当たりする。それが70年代の戦いだった。

 だが、今回の抗議行動にそんな目標はない。街頭で声を上げる。時間が来ればそれぞれ勝手に帰る。それだけだ。声すら出さず、ただ来ただけの人も大勢いる。そもそも、官邸前の抗議行動はデモですらない。だれかが警察にデモや集会の届けを出しているわけではなく、警察から見れば、路上に集まった大勢の群衆にすぎない。その意図は明確なのだが。

 70年代のデモはしばしば暴力的な行動を伴った。だが、今回はまったくといっていいほど衝突ざたがない。参加した人々にとっては「バリケードを突破する」ことなど、初めから目的ではないからだ。

全文はこちら↓
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33032?page=2

==一部転載終了==

長谷川幸洋「ニュースの深層」
(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト(東京新聞・中日新聞論説副主幹)。1953年千葉県生まれ。ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)卒。政府税制調査会委員などを歴任。12年から大阪市人事監察委員会委員長。『日本国の正体政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞。

本日(7/20)
田中康夫さんが白い風船を配っています。
本日の白い風船配布①霞が関2丁目交差点(霞ヶ関駅A13出口)15時頃~20時。③国会正門前17時頃~20時。④内閣府下交差点18時頃~20時。②首相官邸前のみ16時頃~首都高霞が関ランプに向かって手渡し。①③④では車&単車にも配布。地図⇒ twitpic.com/a9dci4

| | コメント (1)

2012/07/17

最高気温35℃、、、、こんな日は映画、「リンカーン弁護士」

最高気温35℃、、、、

こんな日は朝から、クーラーガンガンの映画館へ。

↓「リンカーン弁護士」を見ました。

Dscn1483

「崖っぷちの男」よりストーリが真面目です(笑)。おもしろかったよ、おすすめ。
どっちかって言うと、「崖っぷち」のほうが、私好みだけど、ね。

Dscn1484

平日だっていうのに、結構混んでました、、、、みんな、「節電」なんだね。

Youtube版予告編です↓

マシュー・マコノヒー、って、どこかで見た記憶が、、、、



調べてきました!
2001年「ウェディング・プランナー」でした↓

| | コメント (0)

2012/07/11

新党結成されましたね。ネーミング、意味はわかりやすいけど、長くない(笑)?

なぜか、私のi-Podに入っている、、、、何で入っているのか未だに謎ですが、たぶん娘のi-Tunesと私のがごちゃごちゃになって、、、やっぱりよくわかんない(笑)。

とにかく、この曲いいわよ。

最初、タイの曲だと思ってた(笑)。タイ語もインドネシア語も区別ができない、、、、(泣)。


インターネットで調べたら、「Habis」は、「別れ」の意味らしい。どおりで、ちょっと悲しげ。

インドネシアの歌手、Glenn Fredlyの曲「Habis」です。


http://youtu.be/m26bo8XEKPI

さて、
新党結成されましたね。ネーミング、意味はわかりやすいけど、長くない(笑)?


| | コメント (0)

2012/07/08

映画「崖っぷちの男」を見てきた、、、、久々に面白かったよ!

朝から雨だったので、、、、って昼からいいお天気になっちゃったけど、、、

昨日(7/7)から公開のこれ↓見ようと思って、評判をインターネットでチェック、、

Dscn1358

ジョニーデップ、見たかったんだけど、評判コメント見たら、言いたい放題ボロクソだったんで、やめました(笑)。

だいぶ前から、↓これも公開中でしたが、ウィル・スミスは好きなんだけどねぇ、、、、シリーズ3作目だから評判を見るまでもないでしょ(笑)。

Dscn13611

ってことで、これ↓「崖っぷちの男」を見てきました。

Dscn1361

公式HP:http://disney-studio.jp/movies/gakeppuchi/
注:クリックすると、いきなり予告編が始まって、音が出ます。

タイトルが、”崖っぷち”、って、見ればわかるけど、崖じゃありません(笑)!
英語のタイトルは何だったんだろ、気になるね。


調べてきました、、、、、


英文タイトルは、"MAN ON A LEDGE" でした。

↓英語版の予告編です。

| | コメント (0)

2012/07/07

きのう(7/6)、原発再稼働反対:雨の中訴え 坂本龍一さんも参加

昨日のデモ、テレビが報道しないのは、なぜなんでしょ?
先週の報道ステーションでは、かなり大きく取り扱ったみたいなのに、昨夜は沈黙だそうです。

参加者は主催者発表で約15万人
警視庁調べで約2万1千人

==毎日新聞 2012年07月06日 21時52分(最終更新 07月07日 00時12分)から転載==

原発再稼働反対:雨の中訴え 坂本龍一さんも参加
http://mainichi.jp/select/news/20120707k0000m040077000c.html

東京・永田町の首相官邸前で毎週金曜日に行われている原発再稼働への抗議行動が6日もあった。この日は関西電力大飯原発3号機の再稼働後初めてとなり、音楽家の坂本龍一さんも参加した。

 抗議行動は午後6時前にスタート。雨が降る中、「原発廃止」などのプラカードを掲げた参加者が官邸周辺の車道を埋め尽くし、「再稼働反対」「福島を返せ」と繰り返した。午後7時過ぎには坂本さんが現れ、マイクで「長い闘いになるが、頑張りましょう」と呼びかけた。

 講義を休講にして来たという東京都文京区の大学講師の男性(42)は「再稼働までのプロセスがめちゃくちゃ。このままでは何も変わらないと思って駆けつけた」と話した。

 呼び掛けた市民ネットワーク「首都圏反原発連合」によると、この日の参加者は約15万人、警視庁は2万1000人としている。【山崎征克】

写真はこちらです↓<毎日JP>
http://mainichi.jp/graph/2012/07/07/20120707k0000m040077000c/005.html

==転載終了==

~田中康夫「にっぽん改国」から一部転載~
http://www.nippon-dream.com/?p=8534

「昨夜、皇居の前をタクシーで通ったら、沢山の人々が集まってデモをしていた。海外でよく見るデモの様にギャーギャー喚(わめ)かず、静かな行進だった。しかし、僕は、その静かな人の群れから深い怒りを強く感じた。政府はこれ以上国民を侮らないほうがいい。人々は、今、絶望を通り越して、本当に怒っている。」
劇画原作者の小池“子連れ狼”一夫氏が6月30日にツイートした140文字の至言です。

毎週金曜夕刻、首相官邸前に参集する数万人もの人々は、凡そ党派性やイデオロギーとは無縁な老若男女。「再稼働反対」の一点で“ユナイテッド・インディヴィジュアルズ”する、自主自律の新しいムーブメントを体現しているのです。

僕も先週末、家族を隣人を郷土を日本を愛する国民の1人として、白い風船を掲げて参加しました。子供連れの母親、ネクタイ姿の若者、歩行杖を持った老人。首相官邸前から財務省前まで、性別・年代・職種を超えた人々で700m余りの歩道が埋め尽くされ、「再稼働反対」の言葉が静かなうねりとなって国会議事堂に木魂(こだま)するのです。

以下全文掲載はこちら
http://www.nippon-dream.com/?p=8534

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »