« きのうの官邸囲む原発抗議デモは15万~18万に、、、、 | トップページ | 映画「崖っぷちの男」を見てきた、、、、久々に面白かったよ! »

2012/07/07

きのう(7/6)、原発再稼働反対:雨の中訴え 坂本龍一さんも参加

昨日のデモ、テレビが報道しないのは、なぜなんでしょ?
先週の報道ステーションでは、かなり大きく取り扱ったみたいなのに、昨夜は沈黙だそうです。

参加者は主催者発表で約15万人
警視庁調べで約2万1千人

==毎日新聞 2012年07月06日 21時52分(最終更新 07月07日 00時12分)から転載==

原発再稼働反対:雨の中訴え 坂本龍一さんも参加
http://mainichi.jp/select/news/20120707k0000m040077000c.html

東京・永田町の首相官邸前で毎週金曜日に行われている原発再稼働への抗議行動が6日もあった。この日は関西電力大飯原発3号機の再稼働後初めてとなり、音楽家の坂本龍一さんも参加した。

 抗議行動は午後6時前にスタート。雨が降る中、「原発廃止」などのプラカードを掲げた参加者が官邸周辺の車道を埋め尽くし、「再稼働反対」「福島を返せ」と繰り返した。午後7時過ぎには坂本さんが現れ、マイクで「長い闘いになるが、頑張りましょう」と呼びかけた。

 講義を休講にして来たという東京都文京区の大学講師の男性(42)は「再稼働までのプロセスがめちゃくちゃ。このままでは何も変わらないと思って駆けつけた」と話した。

 呼び掛けた市民ネットワーク「首都圏反原発連合」によると、この日の参加者は約15万人、警視庁は2万1000人としている。【山崎征克】

写真はこちらです↓<毎日JP>
http://mainichi.jp/graph/2012/07/07/20120707k0000m040077000c/005.html

==転載終了==

~田中康夫「にっぽん改国」から一部転載~
http://www.nippon-dream.com/?p=8534

「昨夜、皇居の前をタクシーで通ったら、沢山の人々が集まってデモをしていた。海外でよく見るデモの様にギャーギャー喚(わめ)かず、静かな行進だった。しかし、僕は、その静かな人の群れから深い怒りを強く感じた。政府はこれ以上国民を侮らないほうがいい。人々は、今、絶望を通り越して、本当に怒っている。」
劇画原作者の小池“子連れ狼”一夫氏が6月30日にツイートした140文字の至言です。

毎週金曜夕刻、首相官邸前に参集する数万人もの人々は、凡そ党派性やイデオロギーとは無縁な老若男女。「再稼働反対」の一点で“ユナイテッド・インディヴィジュアルズ”する、自主自律の新しいムーブメントを体現しているのです。

僕も先週末、家族を隣人を郷土を日本を愛する国民の1人として、白い風船を掲げて参加しました。子供連れの母親、ネクタイ姿の若者、歩行杖を持った老人。首相官邸前から財務省前まで、性別・年代・職種を超えた人々で700m余りの歩道が埋め尽くされ、「再稼働反対」の言葉が静かなうねりとなって国会議事堂に木魂(こだま)するのです。

以下全文掲載はこちら
http://www.nippon-dream.com/?p=8534

|

« きのうの官邸囲む原発抗議デモは15万~18万に、、、、 | トップページ | 映画「崖っぷちの男」を見てきた、、、、久々に面白かったよ! »

どこか変だぞ、今の日本!」カテゴリの記事

コメント

日本語には、時制がない。だから、日本語は、現実を表すための言語である。
日本語は、実況放送・現状報告のための言語であるといえる。

理想は、非現実の内容である。
現実を表す言語を使って非現実の内容を示すことは難しい。
現実構文の中の非現実の内容は、すなわち真っ赤なウソになる。
だから、日本人は、非現実を述べることもなければ、考えることもしない。
すなわち、無哲学・能天気の状態になっているのである。

日本語を使って非現実を伝えようとすると、悪意はなくとも、すくなくとも絵空事にはなる。これは、漫画の世界である。
理想にはならずして、空想になる。だから、日本人は、なかなか真面目な態度にはなれない。
理想は常に想定外になる。

金は手段か、目的か。
理想が目的にならないならば、金は手段にはなりえない。
我が国においては、金は限りなく究極の目的に近い。
これは、人生の間違いである。政治の間違いにもなっている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


投稿: noga | 2012/07/07 09:34

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012/07/07 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのうの官邸囲む原発抗議デモは15万~18万に、、、、 | トップページ | 映画「崖っぷちの男」を見てきた、、、、久々に面白かったよ! »