« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/29

新純香の烏龍茶をメールで注文した。

先週末に、注文メール(日本語でOK)を送って、今週の月曜日に銀行(みずほ銀行)振り込みしたら、今日水曜日午前中にEMSで烏龍茶が届いた。早っ!


2010年5月23日に一回目の注文をしてから早2年。年2回ペース。
毎回、超高級凍頂烏龍茶(生茶)100gを10本、注文。

taiwantea@taiwangoodtea.com.tw←ここへ直接メールして注文してます。


参考までに、今回注文したもの↓


烏龍茶10個:NT$3,000(NT$300/1個100g)
送料(EMS):NT$610
レート:NT$1=¥3.5 (¥10,000=NT$2,857 )

【注文はこちら】
新純香茶業有限公司
責任者:王 昭瓔
電話:+886-2-2543-2932
FAX:+886-2-2564-2272
taiwantea@taiwangoodtea.com.tw
taiwantea@seed.net.tw
http://taiwantea.shop.rakuten.tw (新純香の楽天ショップ)
http://taiwangoodtea.com.tw    (新純香のHP)

注:楽天ショップは配送先は台湾国内だけです。
、、、、と思っていたら、送ってくれるシステムができたみたいです(追記:笑)

Dscn3081

いつもの、おまけのドライフルーツが入っていた。今回は、ドライマンゴー。ドライフルーツも美味しいけど、ドライ舞茸も好きです。おすすめ(笑)。

さて、関東地方もいよいよ入梅入りでしょうか?
今週はずっと雨の予報が、、、、




バリ島からおしゃれなアクセサリーを直送いたします!
http://namasaya-tomo.ocnk.net/

| | コメント (0)

2013/05/15

簡単キムチチャーハンの作り方(一人分)

昨日の昼に作って食べたキムチチャーハン、
簡単で早くてうまい!

材料は、我が家の冷蔵庫にいつも常備しているものばかりです。

玉子、魚肉ソーセージ、キムチ、ご飯1膳分←女性一人分の量だな。
男性はこの倍の量で作ってね。

Dscn30311

1.フライパンで、ソーセージを炒め、玉子を入れる。
2.玉子が半熟になったところへ、キムチを投入。
3.キムチをざっくりいためたら、暖めたご飯を入れる。
4.最後に香り付け程度にしょうゆ少々入れたら出来上がりです。

Dscn30341

調味料はほとんど要りません。
初めて作ったけど、、、、、

美味しかった!!!

| | コメント (0)

2013/05/14

トップバリューのインスタントラーメン「酸辣湯麺」が期間限定で復活!

今日の予想最高気温は28度、で、明日は、22度です。
たっぷり洗濯物を終えて、パソコンの前に。

さて、先日近所のダイエーで1年ぶりに、トップバリューのインスタントラーメン「酸辣湯麺」を発見。

Dscn30271

私、「味噌ラーメン」よりこっちが好きです。キムチ入れなくてもほどほどに辛味もあるし、スープがトロッとしていて、いい感じです。おすすめ。

で、よーーく見ると、”期間限定復活”と書いてある。
って、ことは、、、、、買占めししないと、、、なくなる?の??

ついでにご紹介。

グリコのアイスクリーム。mini sele シリーズ。

<ショコラリッチ>濃厚なココア味。
Dscn30291

<チョコサンデー>中にパリパリチョコが入ってます。
Dscn302911_2

どっちも、サイズがほどほどで、値段もお手ごろでおすすめ。
58円、、、だったか?

それじゃあ、ダイエーにアイスとラーメン買いに行ってきま~す(笑)!


バリ島からおしゃれなアクセサリーを直送いたします!
http://namasaya-tomo.ocnk.net/

| | コメント (0)

2013/05/13

「もんじゅ、無期限の停止命令へ 機器1万個の点検放置で」 by asahi.com

http://www.asahi.com/national/update/0512/OSK201305120135.html

=朝日デジタルから転載=

【室矢英樹】原子力規制委員会は近く、日本原子力研究開発機構に対し、原子炉等規制法に基づき、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の使用停止を命じる方針を固めた。

内規に違反し、1万個近い機器の点検を怠っていた問題を重くみた。期限はつけず、安全管理体制を全面的に見直すまで運転再開を認めない。


 もんじゅは2010年8月に核燃料交換装置が落下したトラブル以降、再開しないままになっている。使用停止処分は長期化するとみられ、同機構が目指す今年度中の運転再開は不可能となり、核燃料サイクル政策に与える影響は大きい。


 もんじゅをめぐっては1997年9月、ナトリウム漏れ事故の虚偽報告で国が1年間の運転停止を命じているが、使用停止命令に踏み込むのは初めて。これにより、運転の前段階となる原子炉起動に必要な核燃料の交換や制御棒の動作、格納容器の密閉性などの確認作業が禁じられ、運転再開の準備ができなくなる。

点検の放置が発覚したのは、昨年9月の旧保安院による抜き打ち検査。ナトリウム漏れ検出器の主要部品の点検がなされていないことがわかった。

これを受けて同機構が内部調査した結果、10年以降で未点検の機器は9847個に上り、中性子検出器や非常用ディーゼル発電機など最高度の安全性が求められる「クラス1」の機器も55個あった。

規制委は2月に立ち入り検査に踏み切り、機構関係者の事情聴取を進めた。担当職員らは「設備が健全で問題ないと思い、上司に報告しなかった」などと説明。

点検担当の部長や課長らは「(未点検を)知らなかった」と答えたという。

=転載終了=

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »