東日本大震災

2012/03/17

皇后さまが東日本大震災一周年追悼式に和服(喪服)で臨まれた理由。

もうあれから一年。

追悼式の映像を見て、私も「あれ?」って思った、、、、こんな隠れた理由があったのね。「もうとっくに知っていたわ」って方も多いと思いますが、産経ニュースのページをリンクしておきます。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120317/imp12031707030001-n2.htm


Imp12031707030001p3

==産経ニュースより一部抜粋==

皇后さまが追悼式に和服(喪服)で臨まれたのは、心臓手術から間もない天皇陛下が壇上でバランスを崩されるなどの万一の事態があった場合に、ハイヒールを履く洋装より、草履のほうがとっさに対応しやすいという理由があったという。

==以上==

| | コメント (0)

2011/07/31

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦 : Youtube映像

【放射線の影響巡り参考人質疑】NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110727/t10014486711000.html

衆議院厚生労働委員会は、東京電力福島第一原発の事故を受けて、放射線の健康への影響について専門家から参考人質疑を行い、この中では、周辺住民に放射線に対する理解を深めてもらうことが重要だという意見や、放射線の影響を受けやすい子どもの安全を守るよう求める要望などが出されました。

==中略==

東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦氏は「放射線による障害を考えるときは放射線の総量を見るが、政府や東京電力からは今回の福島第一原発から出た放射線の総量がどれくらいであるかはっきりした報告がない。放射線は幼い子どもにとって非常に危険で、政府は子どもを守るために全力を尽くしてほしい」と述べました。

「満身の怒り」だわ!私は、一気に見ました。

すでに、カウンターの数字は289,578です。

<7/31 16:30追記>

えっーーーー!

Youtubeの画像が削除されてしまいました。

が、

olive-X のサイトでで発見!

http://www.olivenews.net/news_30/moviedisp.php?n=387

↓こちらの衆議院TVでも見ることが出来ます。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41163&media_type=wb 

そして、

文字おこしされているサイトからも転載します。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-626.html

==転載開始==

2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明より
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)

司会者:次に児玉参考人にお願いいたします

児玉先生:私は東京大学アイソトープセンター長の児玉ですが
3月15日に大変に驚愕いたしました

私ども東京大学には27か所のアイソトープセンターがあり
放射線の防護とその除染などの責任を負っております
それで、私自身は内科の医者でして東大病院の放射線施設の除染などに
ずっと、数十年かかわっております

3月15日に、ここの図にちょっと書いてあるんですが
我々最初に午前9時ごろ東海村で5μシーベルトという線量を経験しまして
それを第10条通報という文科省に直ちに通報いたしました
その後東京で0,5μシーベルトを超える線量が検出されました
これは一過性に下がりまして
次は3月22日に東京で雨が降り、0,2μシーベルト等の線量が降下し
これが今日に至るまで高い線量の原因になっていると思っています

それでこの時に枝野官房長官が
「さしあたって健康に問題はない」という事をおっしゃいましたが
私はその時に実際はこれは大変な事になると思いました

何故かというと
現行の放射線の障害防止法というのは
高い線量の放射線物質が少しあるものを処理することを前提にしています


この時は総量はあまり問題ではなくて、個々の濃度が問題になります
ところが今回の福島原発の事故というのは
100キロメートル圏で5μシーベルト
200キロメートル圏で0,5μシーベルト
さらにそれを超えて足柄から静岡のお茶にまで及んでいる事は
今日みなさん全てがご存じのとおりであります

我々が放射線障害を診る時には、総量をみます
それでは東京電力と政府は一体今回の福島原発の総量がどれくらいであるか
はっきりした報告は全くされておりません

そこで私どもはアイソトープセンターのいろいろな知識を基に計算してみますと
まず、熱量からの計算では広島原爆の29,6個分に相当するものが漏出しております
ウラン換算では20個分の物が漏出していると換算されます

さらに恐るべきことにはこれまでの知見 で
原爆による放射線の残存量と原発から放出された者の放射線の残存量は
一年に至って原爆が1000分の一程度に低下するのに対して
原発からの放射線汚染物は10分の一程度にしかならない


つまり、今回の福島原発の問題はチェルノブイリと同様
原爆数10個分に相当する量と原爆汚染よりもずっと多量の残存物を放出したという事が
まず考える前提になります

そうしますと、我々システム生物学というシステム論的にものを見るやり方でやっているんですが
現行の総量が少ない場合にはある人にかかる濃度だけを見ればいいのです
しかしながら、総量が非常に膨大にありますと
これは粒子です
粒子の拡散は非線形という科学になりまして
我々の流体力学の計算でも最も難しいことになりますが
核燃料というのは要するに砂粒みたいなものが合成樹脂みたいな物の中に埋め込まれています
これがメルトダウンして放出するとなると
細かい粒子が沢山放出されるようになります

そうしたものが出てまいりますと、どういうようなことが起こるかが
今回の稲藁の問題です

たとえば、岩手のふじわら町(藤沢町)では稲藁57000ベクレル/kg
宮城県のおおさき17000ベクレル/kg
南相馬市10万6千ベクレル/kg
白河市97000ベクレル/kg
岩手(茨城の高萩市?)64000ベクレル/kg
ということで、この数字というのは決して同心円上にはいかない
どこでどういうふうに落ちているかは
その時の天候、それから、その物質がたとえば水を吸い上げたかどうか

それで、今回の場合も私は南相馬に毎週700㎞行って
東大のアイソトープセンター、現在まで7回の除染をやっておりますが
南相馬に最初に行った時には1台のカウンターしかありません
農林省が通達を出したという3月19日には
食料も水もガソリンも尽きようとして
南相馬市長が痛切な訴えをウエブに流したのは広く知られているところであります

そのような事態の中で通達1枚出しても誰も見る事が出来ないし誰も知ることができません
稲藁がそのような危険な状態にあるという事は全く農家は認識されていない
農家は飼料を外国から買って、何10万と負担を負って
さらに、牛にやる水は実際に自分たちと同じ地下水を与えるようにその日から変えています

そうすると、我々が見るのは
何をやらなければいけないかというと
まず、汚染地で徹底した測定が出来るようにするという事を保証しなくてはいけません
我々が5月下旬に行った時先ほど申し上げたように1台しか南相馬に無かったというけど
実際には米軍から20台の個人線量計がきていました
しかし、その英文の解説書を市役所の教育委員会で分からなくて
我々が行って教えてあげて実際に使いだして初めて20個の測定が出来るようになっている
これが現地の状況です

そして先程から食品検査と言われていますが
ゲルマニウムカウンターというものではなしに
今日ではもっと、イメージングベースの測定器というのが遥かに沢山、半導体で開発されています

何故政府はそれを全面的に応用してやろうとして全国に作るためにお金を使わないのか

3か月経ってそのような事が全く行われていない事に
私は満身の怒りを表明します




第2番目です
私の専門は小渕総理の時から内閣府の抗体医薬品の責任者でして
今日では最先端研究支援というので30億円をかけて抗体医薬品にアイソトープを付けて癌の治療にやる
すなわち人間の体の中にアイソトープを打ち込むという仕事が私の仕事ですから
内部被曝問題に関して一番必死に研究しております

そこで内部被曝がどのように起きるかという問題を説明させていただきます

内部被曝というものの一番大きな問題は癌です
癌がなぜ起こるかというとDNAの切断を行います
ただし、ご存じのとおりDNAというのは二重らせんですから
二重らせんの時は非常に安定的です
これが、細胞分裂をする時には二重らせんが一本になって、2倍になり4本になります
この過程のところがものすごく危険です

そのために、妊婦の胎児、それから幼い子ども、成長期の増殖が盛んな細胞に対しては
放射線障害は非常な危険をもちます

さらに大人においても増殖が盛んな細胞
たとえば放射性物質を与えると髪の毛
それから貧血、それから腸管上皮の
これらはいずれも増殖分裂が盛んな細胞でして
そういうところが放射線障害のイロハになります


それで私どもが内部に与えた場合に具体的に起こるので知っている事例を上げます

これは実際には一つの遺伝子の変異では癌は起こりません
最初の放射線のヒットが起こった後にもう1個の別の要因で癌の変異が起こるという事
これはドライバーミューテーションとかパッセンジャーミューテーションとか細かい事になりますが
それは参考の文献を後ろに付けてありますので
それを後で、チェルノブイリの場合やセシウムの場合を挙げてありますので
それを見ていただきますが

まず一番有名なのはα―線です
プルトニウムを飲んでも大丈夫という東大教授がいるというのを聞いて、私はびっくりしましたが

α―線はもっとも危険な物質であります

それは
トロトラスト肝障害というので私ども肝臓医はすごくよく知っております
ようするに内部被曝というのは先程から一般的に何ミリシーベルトという形で言われていますが
そういうものは全く意味がありません


I131は甲状腺に集まります
トロトラストは肝臓に集まります
セシウムは尿管上皮、膀胱に集まります
これらの体内の集積点をみなければ全身をいくらホールボディースキャンやっても全く意味がありません

トロトラストの場合の、このちょっと小さい数字なんで大きい方は後で見て欲しいんですが
これは実際に、トロトラストというのは造影剤でして
1890年からドイツで用いられ1930年ごろからは日本でも用いられましたが
その後20~30年経つと肝臓がんが25%から30%に起こるという事がわかってまいりました

最初のが出てくるまで20年というのは何故かというと
最初にこのトロトラスト、α―線核種なんですが
α―線は近隣の細胞を傷害します
その時に一番やられるのはP53という遺伝子です
我々は今ゲノム科学というので、人の遺伝子、全部配列を知っていますが
一人の人間と別の人間は大体300万箇所違います

ですから人間同じとしてやるような処理は今日では全く意味がありません

いわゆるパーソナルライフメディスンというやり方で
放射線の内部障害をみる時も
どの遺伝子がやられて、どういう風な変化が起こっているかという事をみるということが
原則的な考え方として大事です

トロトラストの場合は第一段階ではP53の遺伝子がやられて
それに次ぐ第二第三の変異が起こるのが20~30年後かかり
そこで肝臓がんや白血病が起こってくるという事が証明されております


次にヨウ素131
これヨウ素はみなさんご存じのとおり甲状腺に集まりますが
甲状腺への集積は成長期の甲状腺形成期が最も特徴的であり小児におこります

しかしながら1991年に最初ウクライナの学者が「甲状腺がんが多発している」というときに
日本やアメリカの研究者はネイチャーに「これは因果関係が分からない」ということを投稿しております
何故そんな事を言ったかというと1986年以前のデータがないから
統計学的に有意 だという事を言えないということです

しかし、統計学的に有意 だという事がわかったのは
先程も長瀧先生からお話しがありましたが20年後です
20年後に何がわかったかというと
86年から起こったピークが消えたために
これは過去のデータが無くても因果関係がある
という事がエビデンス(evidence 証拠・根拠)になった
ですから、疫学的証明というのは非常に難しくて
全部の事例が終わるまで大体証明できないです

ですから今 我々に求められている
「子どもを守る」という観点からは全く違った方法が求められます
そこで今行われているのは
ここには国立のバイオアッセイ研究センターという化学物質の効果をみる福島昭治先生という方が
ずっとチェルノブイリの尿路系に集まる物を検討されていまして
福島先生たちがウクライナの医師と相談、集めて
500例以上の、前立腺肥大の時に手術をしますと、膀胱もとれてきます
これをみまして検索したところ
高濃度汚染地区、尿中に6ベクレル/ℓという微量ですが
その地域ではP53の変異が非常に増えていて
しかも、増殖性の前癌状態
我々からみますとP38というMAPキナーゼと
NF-κB(エヌエフ・カッパー・ビー)というシグナルが活性化されているんですが
それによる増殖性の膀胱炎というのが必発でありまして
かなりの率に上皮内のがんができているという事が報告されております

それで、この量に愕然といたしましたのは
福島の母親の母乳から2~13ベクレル
7名で検出されているという事が既に報告されている事であります

次のページお願いします

我々アイソトープ総合センターでは
現在まで毎週700キロメートル、
大体一回4人づつの所員を派遣しまして南相馬市の除染に協力しております
南相馬でも起こっている事は全くそうでして
20K30Kという分け方が全然意味がなくて
その幼稚園ごとに細かく測っていかないと 全然ダメです
それで現在20Kから30K圏にバスをたてて1700人の子どもが行っていますが
実際には避難
その、南相馬で中心地区は海側で学校の7割で比較的線量は低いです
ところが30キロ以遠の飯館村に近い方の学校にスクールバスで毎日100万円かけて
子どもが強制的に移動させられています
このような事態は一刻も早く辞めさせてください

いま、その一番の障害になっているのは、強制避難でないと保証しない
参議院のこの前の委員会で当時の東電の清水社長と海江田経済産業大臣がそういう答弁を行っていますが
これは分けて下さい

保障問題とこの線引きの問題と子どもの問題は
直ちに分けて下さい


子どもを守るために全力を尽くすことをぜひお願いします

それからもう一つは
現地でやっていますと除染というものの緊急避難的除染と恒久的除染をはっきり分けて考えていただきたい

緊急避難的除染を我々もかなりやっております
たとえばここの図表に出ておりますこの滑り台の下
滑り台の下は小さい子が手をつくところです
が、この滑り台に雨水がザーッと流れてきますと
毎回濃縮します
右側と左側とズレがあって、片側に集まっていますと
平均線量1μのところだと10μ以上の線量が出てきます
それで、こういうところの除染は緊急にどんどんやらなくてはいけません

それからさまざまな苔が生えているような雨どいの下
ここも実際に子どもが手をついたりしているところなのですが
そういうところは、たとえば高圧洗浄機を持って行って苔を払うと
2μシーベルトが0,5μシーベルトまでになります

だけれども、
0,5μシーベルト以下にするのは非常に難しいです

それは、建物すべて、樹木すべて、地域すべてが汚染されていますと
空間線量として1か所だけ洗っても全体をやる事は非常に難しいです
ですから、除染を本当にやるという時に
いったいどれだけの問題がありどれ位のコストがかかるかという事を、イタイイタイ病の一例で挙げますと
カドミウム汚染地域、だいたい3000ヘクタールなんですが
そのうち1500ヘクタールまで現在除染の国費が8000億円投入されております
もし、この1000倍という事になれば、いったいどのくらいの国費の投入が必要になるのか

ですから私は4つの事を緊急に提案したいと思います

第1に
国策として、食品、土壌、水を、日本が持っている最新鋭のイメージングなどを用いた機器を用いて
もう、半導体のイメージかは簡単です
イメージ化にして流れ作業にしてシャットしていってやるということの最新鋭の機器を投入して
抜本的に改善して下さい
これは今の日本の科学技術力で全く可能です

2番目
緊急に子どもの被ばくを減少させるために新しい法律を制定して下さい
私のやっている、現在やっているのはすべて法律違反です
現在の障害防止法では各施設で扱える放射線量、核種等は決められています
東大の27のいろんなセンターを動員して現在南相馬の支援を行っていますが
多くの施設はセシウムの使用権限など得ておりません
車で運搬するのも違反です
しかしながら、お母さんや先生方に高線量の物を渡してくる訳にもいきませんから
今の東大の除染ではすべてのものをドラム缶に詰めて東京に持って帰ってきております
受け入れも法律違反
全て法律違反です

このような状態を放置しているのは国会の責任であります
全国には
例えば国立大学のアイソトープセンターは
ゲルマニウムをはじめ最新鋭の機種を持っているところは沢山あります
そういうところが手足を縛られたままでどうやって
国民の総力を挙げて子どもが守れるのでしょうか
これは国会の完全なる怠慢であります

第3番目
国策として土壌汚染を除染する技術を民間の力を結集して下さい
これは、たとえば
東レだとかクリタだとかさまざまな化学メーカー
千代田テクノとかアトックスというような放射線除去メーカー
それから竹中工務店とか様々なところは、放射線の除染などに対してさまざまなノウハウを持っています
こういうものを結集して現地に直ちに除染研究センターを作って

実際に何10兆円という国費がかかるのを
いまだと利権がらみの公共事業になりかねない危惧を私はすごく持っております


国の財政事情を考えたらそんな余裕は一瞬もありません
どうやって除染を本当にやるか
7万人の人が自宅を離れてさまよっている時に 国会は一体何をやっているのですか

以上です

==以上==

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2011/07/14

「東日本大震災 ABCこども支援募金」がスタートしました!どこかの義援金とは、違います(笑)!

「東日本大震災 ABCこども支援募金」がスタートしました!

『しあわせ運べるように』は阪神淡路大震災をきっかけに生まれた歌だ。長く私の故郷で歌い継がれてきた。それを東北の被災者の方々の胸に届くようにアレンジし、神戸の小学生たちが歌ってくれた。手話コーラスは何年も練習してきたものだ。手話というものがこんなに美しいと不明にして私ははじめて知った。子どもたちの表情はどうであろう。「機能」としての手話を使っているだけではないと私は感じる。by 勝谷誠彦(7/14メールマガジンより転載)

子供達の声って、、、、、ほんとうにいいね。天使だわ(笑)!

http://asahi.co.jp/kodomoshien/

http://youtu.be/b35WCm1FrQM

| | コメント (1)

2011/07/04

松本復興大臣の騒ぎの動画、すでに21万人が見ています!

朝から大騒ぎのこの話題、てっきりマスコミ得意の捏造、かと思った(笑)が、動画を見て、なるほど、騒ぎになるわけだわ。

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2011/06/30

「節電」は本当に必要なのか?(1)電気代はなぜ高い?by 武田先生

久々に武田先生のブログ転載です。

最近ではテレビなどでお顔を拝見する事が増えました、、、、ね(笑)。

今日のテーマは、

「節電」は本当に必要なのか?

です。

武田先生いわく、「どうもうさんくさい、、、、」と。

同感です!!!

さて、私、時々チェックしています。

<福島第一原子力発電所1号機~4号機の映像をリアルタイムで配信しています>

ふくいちライブカメラ↓今日の福島第一原発付近は曇りです。

http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html

==転載開始==

【「節電」は本当に必要なのか?(1)  電気代はなぜ高い?】

この夏は電気が足りないと言う。

でも、どうもうさんくさい.一説では

「原発を再開したいから、電気が足りないと脅しているだけだ。寝苦しい夜を過ごさせて原発賛成にするためのあくどい宣伝だ」

とも言われる.

東京電力は日本の代表的な企業だから、本当はこんなことを言われるようなダメ企業では困るのだが、なにしろ

「東電はウソを言う企業だ」

というのは、原発事故以来、常識になっているので仕方が無い。

そして、福島原発事故の直後、東京電力が「計画停電」というのをやり、大きな影響がでた。

電気機器をつかって患者さんの命を守っている病院や、1度とめたら製品がダメになってしまう工場などはビリビリしていたものだ。

・・・・・・

明らかにおかしい.

東京電力がもっている発電の能力は、6300万キロワット。

これに対して計画停電が実施された3月14日の電力消費量は、たった2800万キロワットだった???

それで「足りない」??? ???

・・・・・・

何かを製造する「製造業」では、設備をどのぐらい使うかという「稼働率」は、収益の死命を制するほど大切なもので、多くの会社は設備稼働率が80%にでもなると、経営はピンチになる.

ところが、

「原発事故で電気が足りなくなるので、計画停電をする。国民は協力しろ」

と東電が言った日の設備稼働率は、実に44%!!

さすが東電だ。これまで、営業成績が悪くなると、電気料金を上げれば良いという気楽な商売をしてきた。事実、日本の電気料金はほぼ世界一、アメリカの3倍とされる.

それでもお客さんから文句は来ない。もし文句を言えば「じゃ、電気を売らない」と言えば、それで良い。「やらせ番組を放送しているから、受信料を払わない」と言う視聴者を不払いで裁判に訴えるというNHKと同じ体質だ。

・・・・・・

稼働率が低い理由は、真夏の昼間に多くの人が「エアコン」を使う.かつてはこれに「高校野球」が加わってテレビを見るので、さらに電気が必要になる.

だから、半分しか使わない春の稼働率が44%になるのは仕方が無いというのが「東電の言い分」である。

もちろん、東電の言い分がウソだ。ウソをつく人というのは、

「原子炉が壊れているか?」

ということだけウソをつくのではない.

「原発事故が起こったから、電気が足りない」

というのも、

「日本は質の良い電気を供給しているから、電気代が高くなる」

というのも、全部、ウソなのである。

電気の蓄積方式(集中蓄積、分散蓄積)、発電方式(設備費と燃料費の関係)、電気機器会社とタイアップした電気の平準化システムなど、設備の稼働率を上げるためには、やることは山ほどあるけれど、このような「面倒な事」より

「たっぷりと発電所を作って、時々、動かしたらよい」

という方が楽だ。

・・・・・・

稼働率が下がり、経費が嵩むようになれば、電気代を上げればよい。簡単で誰にも文句を言われない。

それに対して、電気が足りなくなると、文句を言われる.

だから、発電所をたっぷり作って悠々と生活した方が良いと思うのはお公家さんの東電の経営者としては当然だからである.

電気会社のシステムが悪い。個別に「これもすればよい、あれもすればよい」と言っても、巧みに言い訳されて終わりだ。

こんなことは個別にいくら言っても、ケンカになるだけで電気代が安くなることはない。

でも、もし東電に競争相手が居たら、設備の稼働率はたちまち80%になり、電気代は半分になるだろう。

その点では技術も大切だが、安全を守り、電気代を安くするには、「電気を供給する社会的なシステムに競争原理を入れる」ことも重要であることが判る。

(平成23年6月29日 午前10時 武田邦彦執筆)

http://takedanet.com/2011/06/post_7073.htm

==以上==l

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2011/06/15

自然放射線の中で、栄養のバランスを考え適度に休養をとり感謝の気持ちを持って毎日を楽しく過ごす。by 武田先生

あれから、3ヶ月。

毎日、まだまだ、いろいろな事が心配だけれど、生きて、生活していかなければならないので、とりあえず、原発から200kmの東京にいる私は、毎日を楽しく過ごすことにします。

そして、流通しているものは、信じて、購入し食べる事にします(我が家は老人所帯なので)。

怪しい食品は今までだって、あったわけで、疑いだしたらきりがないでしょ。中国産かもしれない国産うなぎとか、北朝鮮で取れたかもしれない国産アサリ、、、、最近では、焼肉ユッケ事件、とかとか、数え切れない。

さて、

武田先生のブログです。

==転載開始==

【自然放射線と被曝】

140億年前、私たちが今、住んでいる宇宙がビッグバンで出来たとき以来、この世の「物質」は核反応(核爆発)で作られてきた。

核爆発はすさまじいので、落ち着いた元素だけではなく、不安定な元素も作るので、それが放射線を出す。だから、宇宙は放射線で溢れている.

だから、私たち地球上に住んでいる人間も動物も植物も、自然からの放射線を受ける。

それが日本では1年に1.4ミリシーベルト、世界の平均では2.4ミリシーベルトである。

・・・・・・

地球が誕生して以来、生物は「危険」と戦ってきたが、紫外線や放射線といった「電磁波=光」と戦いも厳しかった。なにしろ太陽も原子炉だから、そこから強い紫外線が地表に達する.

古い生物はこの紫外線と戦い、敗れ、海の底や地中に住んでいたが、偶然にも生物の呼吸でできた酸素が成層圏でオゾン層を作り、それが紫外線を防いでくれたので、生物も地表に出ることができた。

それでも、紫外線は厳しく、赤道に住む人は肌が黒くなって皮膚ガンを防ぐ.地域によって紫外線も違うので、黒人、黄色人種、そして白人ができた。

・・・・・・

放射線は紫外線よりエネルギーが高いので、なかなか防御が難しい。紫外線は皮膚で止まるので、皮膚だけを防御すれば良いけれど、放射線は体を貫くので、どうしても体全体を防御しなければならないからだ。

DNA(遺伝子)が傷つくと、それを複雑な酵素などで直していく.しかし、修復するための酵素を作るのにも「原料」がいる。だから

「栄養のバランスをとらなければならない」ということになる。

休養も必要だ。睡眠時間も7時間はとりたい。

・・・・・・

自然放射線の1.4ミリシーベルトは、その3分の2が「内部被曝」、3分の1が外部からの放射線だ。

だから、1.4を3で割ると約0.47ミリシーベルト。これは1年だから、365日×24時間でわって、1時間あたり0.05マイクロシーベルトになる。

3月12日に福島原発が爆発してから、最初の頃、政府が日本の1年1.4ミリシーベルトではなく、世界平均のデータ(2.4ミリシーベルト)だけを言った。しかも内部被曝も言わなかった。

だから、政府を信用して、精密に考えていた人が混乱した。

2.4を365×24で割ってみると、1時間に0.27マイクロになり、結構、大きな数字だからだ。

北海道や秋田など、場所によっては0.27マイクロより小さな値が出た。つまり「原発が爆発したら放射線が減った」という奇妙な結果が得られたのだ。

もちろん、日本は日本で考えなければならない。さらに関東ではローム層が地表にあるので、それで少し減って0.025ぐらいまで下がる場所もある。今でも、しかも専門家でも、1年2.4ミリシーベルトが自然放射線で、それを外部被曝と思っている人もいる。

・・・・・・・

いずれにしても、生物は1日に0.05マイクロシーベルトぐらいの放射線を浴びてDNAが壊れても、それを直す力がある。

「自然の中で過ごすのが一番」というのは放射線でも同じだ。そして少し刺激があった方が、守る力も「リストラ」されない。(「リストラされる」というのは、放射線が無いところで長く生活すると、放射線で壊れたDNAを直す体内の物質が減ると考えられている。)

今、とても厳しい時期にあるけれど、目指すことは変わらない.

●  自然放射線の中で(できるだけそれに近く)、

●  栄養のバランスを考えて(酵素を作る)、

●  適度に休養をとって(キズを直す)、

●  毎日を楽しく(酵素を増やす)、

●  感謝の気持ちを持って(不満があると酵素が減る)、

というのが実は「自分の体にも一番良い」のだから、ビッグバンで誕生したこの世も上手くいっているものだ。

(平成23年6月11日 午前8時 武田邦彦執筆)

==以上==

| | コメント (0)

2011/06/08

日本政府はIAEAはごまかせないので、昨日、1号機から3号機がメルトスルーしていると報告しました。by 武田先生

久々に、武田先生のブログ転載です。

最近では、テレビでよくお見かけします。今回の原発事故でずいぶん有名になった、ネ(笑)。

==武田先生のブログより一部抜粋==

日本政府はIAEAはごまかせないので、昨日、1号機から3号機がメルトスルーしていると報告しました。国民は裏切り、海外には本当のことを言うという困った政府です。
メルトスルーもメルトダウンも、燃料破損も同じ事で、原子炉の中が壊れたと言うことです。あまり細かい用語は無視しましょう。
私のブログに3月20日頃、原子炉はもう危険なことは無いだろうと書いたのがこのことで、原子炉は3月20日ぐらいには壊れていました。

だから、今回、ウソがばれただけで、事実は3月20日にはわかっていたことですから、現実は危険でも無く、何も変わりません。
強いて言えば、7月に原発に網をかければ、私たちは完全に原発を忘れても大丈夫と思います。

ということです。

あともう少し、、、、でも、これからが復旧、復興に時間もお金もがかかるんでしょうね。政府のゴタゴタは、もう勘弁してほしいものです!!!

==転載開始==

http://takedanet.com/2011/06/110608_a9b0.html

【科学者の日記110608 夏を迎えて】

夏を迎えて被曝量を減らすために色々、やらなければならないことがあります。

政府、自治体、学校などは、子供達を何とか被曝させようと必死なので、それに対抗して大人がやらなければなりません.

・・・・・・・・・

1)   
エアコン
エアコンはフィルター、ファンのところに3月の放射性チリが付いていますので、良く掃除をする必要があります。
部屋の空気を循環するのは被曝という点では問題はありませんのでエアコンの使用は大丈夫ですが、その前に室内の空気が循環して床や壁、家具などに付いている放射性チリが舞い上がらないようにあらかじめ水拭きをしましょう。
また外から帰ってきたときに着ていた服を着替えて部屋に入ると、その部屋の放射線量が下がるので、被曝量の少ない快適な生活を送ることができると思います。

2)   
秋田と新潟のお米・・・どちら?
できるだけ原発から遠い生産地を選びましょう。岩手、秋田、新潟、長野、山梨、愛知より外側は大丈夫です.
秋田と新潟は米所ですが、両方とも安心です.

3)   
除去した土や草
夏には風が吹くので、表土(5ミリぐらい薄くとる。3ヶ月ぐらいたったたら2度目(原発にカバーがかかった後))と雑草は取ってきたいとおもいます。除いたものは本来は東電が持って行くのですが、今はダメなのでビニール袋に入れて庭の片隅にかぶせる土が20センチぐらいになるように埋めておきましょう.
そのうち、回収に来ると思います。

4)   
メルトスルー(原発の燃料溶融)
日本政府はIAEAはごまかせないので、昨日、1号機から3号機がメルトスルーしていると報告しました。国民は裏切り、海外には本当のことを言うという困った政府です.
メルトスルーもメルトダウンも、燃料破損も同じ事で、原子炉の中が壊れたと言うことです。あまり細かい用語は無視しましょう。
私のブログに3月20日頃、原子炉はもう危険なことは無いだろうと書いたのがこのことで、原子炉は3月20日ぐらいには壊れていました。
だから、今回、ウソがばれただけで、事実は3月20日にはわかっていたことですから、現実は危険でも無く、何も変わりません。
強いて言えば、7月に原発に網をかければ、私たちは完全に原発を忘れても大丈夫と思います.

5)   抗議こそが力になる(クリアランスレベル)
各地の市長などが瓦礫を受け入れ、生協が汚染された野菜を売っています.このような行為は違法ですから、個別に抗議していく必要があります。いろいろなものが持ち込まれ、焼却炉で燃やされると煙に放射性物質でてきます。

6)   
緊急時では政府はなにかしているのか?
政府は一刻も早く福島に実働部隊(消防など)を派遣して、汚染を取り除く必要があります。何もしなくても良いように、1年1ミリの基準を上げるなどの姑息なことをするのではなく、「旧に復する義務」が政府と東電にはあります。
補償や役人の処分も大切ですが、それより福島や茨城をまずは「旧に復してください」。

7)   
休みを取る
人間の体は放射線の低いところに行けば、今までの被曝によって起こった損傷を修理します.
家族で日本海側にドライブに行く、標高の高い高原で遊ぶ、夏休みを利用して北海道や九州に行くなど、いろいろ計画をしてください。
お金や時間の都合が付かない人は、「ミニホットスポット」を調べて、7月からの行動パターンを考えただけでも被曝は3分の1ぐらいになります.

8)   
海水浴、釣り
宮城沖から静岡沖までの海水浴と釣り、サーフィンは今年は控えた方が良いでしょう。いま、ワカメ、コンブがかなり汚染されていて、危険性が不明な状態です.
こんな状態が長くは続きませんから、今年は日本海側の海か、山の方で遊ぶ方が良いと思います。

9)   
シッカリして気楽な生活
注意点は少なくなって来ました。
風の日のマスク、雨の日の水たまり、牛乳と魚、原発近くの食材、汚染を表示しないスーパーを避ける、ミニホットスポットを覚えておく、公園に行かない、ヤブに入らない、少しずつ進める除染、
生活の習慣の中に取り込み、何気なく生活するようにしたいと思います.気楽な気分になることも修復力を高めます.強いて言えば「楽しいお掃除、楽しい除染」という感じです.

宣伝ではありませんが、原発の考え方の本を一通り出しまして、今、「被曝から身を守る」などさらに現実的なことを書いています.

並行して知識を増やすのも必要と考えています.

(平成23年6月8日 午前11時 武田邦彦執筆)

==以上==

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011/05/30

アレバ社って、フランス政府が株式の85%を保有する事実上の国営企業なんだね。

【仏・アレバ社、積極支援の意図】TBSnewsから。

http://youtu.be/Yi_ukfA1qIk

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/24

福島県放射線健康リスク管理アドバイザー・山下俊一長崎県大学教授のほうが、小出裕章京大教授よりは、信用できる気が、、、

人気blogランキングへ

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2011/05/22

「文藝春秋 」5月号のわれわれは何をなすべきか[叡智結集41人]から「伊東四郎さん」

今、話題の「児玉清さんの遺稿」のついでに、伊東四郎さんの「緊急寄稿」も。

「文藝春秋 」5月号の

<緊急寄稿>われわれは何をなすべきか[叡智結集41人]から転載。

【何が第一か】伊東四郎(喜劇役者)

この日本列島に住んでいる限り、台風、地震、それに連動しているであろう火山噴火は「来ないかもしれない」ではなく「必ず来るものなんだ」という事を、今回の東北関東大震災ではイヤと言う程、我々は認識させられたのではないだろうか。

続いて起きた、静岡東部震源の大きな揺れに、「スワ!東海大地震まで誘発したか」と、かなりの確立であの「日本沈没」が現実のものとなるのかと再度テーブルの下にもぐったものだ。

「後悔先に立たず」はその通りだし「もしも、ああしておけば」も禁句なのかも知れないが、あの三月十一日最初の津波情報を「巨大津波が来る」と発しておけば、あれだけの死者・行方不明を出すことはなかったのではないだろうか。

私の記憶では最大4~5メートルの津波と言っていた様に思うが、実際はビルの屋上に船が乗ってしまった映像をみれば分り過ぎる程分るし、その差は大き過ぎるとしか思えない。

防災意識が建設の段階からあまりにも低かったのは、福島原発ではないか。マグニチュード8以下、津波5.5メートル以下、航空機の落下はないもの、と想定して設計し建てられたそううだ。しかし現実はマグニチュード9、14メートルを越す大津波だった事は周知の通りだ。

その時の上司は「そんな専念に一度なんか想定してどうする」と却下したそうだ。下手をすれば「日本沈没」の前に民族存亡の危機に直面する程の建造物を作ろうとしている人の言葉とはとても思えない。確立と言うのは千分の一だろうが百分の一だろうがゼロではないと言う事を肝に銘じるべきだろう。

いつから流行りだしたのか「想定外」という言葉、私はあまり好きではない。

何らかの形で原発事故が終息した場合、日本の電力事情はどうなるのか。私の認識では全電力の四分の一を原発で担っていると聞いているけど、これで反原発、原発廃止運動が高まるのかも知れない。その時にイヤなものを感じるのは、その背後に必ずイデオロギーの影を見る事だ。

さて原発がなくなったら、これだけ電化された便利な時代を享受している私達は昭和三十年代「三丁目の夕日」の時代の生活に戻せるのか、その覚悟はあるのか。

いやそれは出来ないから、今混沌としている中東の産油国から石油を安定供給させて、石油発電であの光化学スモッグの時代に戻すのか、それより温暖化で海面が上昇して新たな大津波を引き寄せる要因とならないのか。難題を突きつけられる事は確かだ。

電気の厄介な所は、水の様にダムを作って溜めておくおく事が出来ない事だ。節電した分、各家庭で各市町村で溜めておく「メガ蓄電池」のようなものは造ることができないのか、同じ節電していても「ああ、今どんどんたまってるんだ」と思えば張り合いもあると思うが。

海流発電、地熱発電は現実的ではないのか、研究はしているのか、原発の普及で等閑(なおざり)になったのか、太陽光発電をもっと効率よく大規模には出来ないのか、風力発電は巨大オブジェをあちこちで見るが、どの程度貢献しているのか、あの低周波音はどこまで人体に影響があるのか。

我々爺々い達は先に逝くから「あとは野となれ」と言っていると思ったら大間違い。子供や孫達のために大いに心配しているのです。

今大震災、原発災害と言う未曾有の体験を通して国民は一人ひとり我慢しようと思う気持ちになっています。

被災地では生存者が、外国人まで含めたボランティアが自衛隊が復興に向けて懸命になって働いてくれています。原発施設では最前線の人たちが放射能の危険を知り乍ら命がけで仕事をしてくれています。

ある自衛隊員の妻が「貴方無理しないで」と言ったら「自衛隊をなめるなよ!今無理しないでいつ無理するんだ!」と答えた隊員の頼もしさ。そんな時に自衛隊が大嫌いなあの人を要職につける総理のKYさ加減。隊員のモチベーション下がりませんかねえ。

あのー、国民の幸せを願って政治の世界にお入りになった皆さん、命をかけてくれていますか?少なくとも連日の報道から何をやってらっしゃるのか、これを書いている時点ではさっぱり伝わってきません。野党の皆さん、あなた方もです。

まさか、次の選挙の事等、考えていませんよね。

「国民の生活が第一」の前に「国民の安全が第一」である事が、今回でよーくお分かりになった・・・・のか・・・・な?

友人からメールが入りました。「伊東さん、左翼政権のときに天変地異(災害)がありますね」(三月二十三日記)

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

16年ぶりの雪 | 2012年ノーベル生理学・医学賞授賞式での 山中伸弥氏 | Bali観光 | GUAM | hotmailからのメールに返信機能でメールすると、エラーで送れない | IKEA | Mohanって、誰? | NAMASAYA☆TOMOオンラインショップ | Nepal語の勉強 | OKバジ | SMILEBOX不具合 | SPAIN | VHS のビデオテープをDVDにダビングするには | あしなが育英基金 | おいしいおせち | おいしいコーヒー | おすすめYOUTUBE | おすすめ、お昼ご飯! | お勧めYOUTUBE | お墓参り | お風呂場のタイルの簡単お手入れ方法 | これからどううなる日本? | どこか変だぞ、今の日本! | はりいんT | アブダビ | アメリカテレビドラマ | アロエの花が咲いた | イタリア料理 | インコ | インド式本格ヨガ | オーストラリア別荘空家情報 | クラブメッド | ゴルフ | サッカー | シーサーの正しい置き方 | スターバックス | スティーブ・ジョブス_ | セブン&アイHLDSの「インド風チキンカレー」 | ソウルの旅 | テニス | デジカメ | トップバリューのインスタントラーメン | ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ | ネパール料理 | ネパール旅行ユニーク企画 | バリのホテルで働く | バリ島アクセサリー・オンラインショップ | パソコンの様子がおかしい? | フェリベトゥンラ・ネパール企画 | フェリベトゥンラ・ネパール企画準備委員会 | フクイチで考える 東京新聞社説 311  | フライパンに穴が。 | フラワーアレンジメント | プロトコールアンドエチケット | マイケル・サンデル教授 | ヤマザキの肉まん、あんまん | ルーベンス | 丈夫な掃除機を買った! | 世界を歩くための宗教の基礎知識 | 倉敷 | 博多・大分旅行 | 原発危険度ランキング | 台北旅行 | 地デジ問題 | 多摩森林科学園 | 好きな音楽 | 婚活 | 小沢一郎秘書逮捕事件 | 思春期の子育て相談コーナー | 恐るべし「セスキ」パワー | 料理 | 新純香の烏龍茶 | 日本を救った男、吉田元所長! | 日本財団 | 映画 | 東日本大震災 | 松田敏子フラワーデザイン教室 | 栗城史多くん | 武蔵村山「ミュー」のフードコートでランチシリーズ | 海外勤務・海外生活必須セミナー | 無農薬野菜 | 男の婚活 | 石垣焼き | 簡単キムチチャーハンの作り方 | 米国・カナダ留学 | 腰痛 | 膝痛 | 英会話 | 英語でビジネスセミナー | 読書 | 郷土の恵みの森づくり体験 | 都立久留米高校 | 野球少年 | 韓国語の勉強 | 韓国語レッスン | 高幡不動尊